【ふるいち仲店】倉敷名物ぶっかけうどん発祥の聖地。バリエーション豊富なぶっかけを楽しめる(倉敷市阿知)

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

岡山県南西に位置する観光都市・倉敷市。

倉敷市の名物といえば「ぶっかけうどん」が有名だ。
そのぶっかけうどんの発祥の店が倉敷駅前の商店街の中にある。

それが「ふるいち」。

現在、ふるいちは郊外や市外にも店がある。
しかし、倉敷駅前の「ふるいち 仲店」は、ほかの店舗とはちがって「ぶっかけうどんの聖地」として特別な扱いとなっているのだ。

ふるいち 仲店のおもな注目ポイントは、以下のとおり。

  • 倉敷名物ふっかけうどん発祥店
  • 倉敷風ぶっかけうどんのスタンダードが知れる
  • ぶっかけうどんの豊富なバリエーション
  • ぶっかけうどんの甘く濃いめのツユと、コシと弾力のある麺
  • ぶっかけ誕生以前から人気の汁うどんの各種
  • 夏に人気の大きなカキ氷
  • 倉敷駅前にあるので観光やビジネスで寄りやすい

そんな、倉敷を代表する名物店の ふるいち 仲店をご紹介!

注意
2019年10月時点での情報です。

ふるいち仲店の概要

ふるいち 仲店:外観

店名 倉敷うどん ぶっかけ ふるいち 仲店(なかみせ)
所在地 岡山県倉敷市阿知二丁目3-23
営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休
電話番号 086-425-3200
禁煙状況 店内完全禁煙
駐車場 無し
HP 倉敷うどん ぶっかけふるいち
SNS TwitterFacebookInstagram
備考

ふるいち 仲店のメニュー

注意
価格は消費税込み。メニューは2019年11月時点のもの

ふるいちの名物は、ぶっかけうどん

ぶっかけうどんの特徴については、下記を参照。

ぶっかけうどん:アイキャッチ用【ぶっかけうどん】倉敷名物の代表格!他地域とひと味違う味わいがポイント!食べられる店・人気店一覧

一般のうどん店では、ぶっかけうどんは1つか、あっても3種類くらいだろう。

ふるいちでは、ぶっかけうどんだけでかなりのバリエーションがあるのが特徴だ。
また、ほとんどのぶっかけうどんが、冷と温の2種類ある。

なお「肉ぶっかけ」は、ツユに脂が浮くので冷はない。

ふるいち 仲店:メニュー(ぶっかけ)

ぶっかけうどんは、一般的にはショウガが添えられるが、倉敷のぶっかけうどんではおろしワサビがスタンダード。
ふるいちでは、温かいぶっかけうどんには、おろしショウガが付く。

ただし、冷たいぶっかけにショウガを、温かいぶっかけにワサビを付けることもできる。
注文時に言ってみよう。

ふるいち 仲店:メニュー(汁うどん)

ふるいちには、ぶっかけのほかに「汁うどん」というのがあり、こちらもバリエーションが豊富。

汁うどんとは、いわゆる「かけうどん」のこと。
ぶっかけうどんと名前が似ているから、ふるいちでは「汁うどん」と呼ばれている。

ふるいちでは、元来ぶっかけうどんは存在しておらず、当初は汁うどんを提供していた。
そのため、汁うどんのほうが歴史があるのだ。

なお、ざるうどんや釜玉もあるが、おそらく注文者は極めて少ないと思われる。

ふるいち 仲店:メニュー(ミニ丼)

うどんといっしょに食べたいミニ丼。
山かけ丼牛丼天丼の3種類ある。

ふるいち 仲店:メニュー(サイドメニュー)

うどんといえば天ぷら。
ふるいちには、天ぷらの盛り合わせもある。

ふるいち 仲店:メニュー(カキ氷)

なお、夏季のみとなるが「カキ氷」も人気だ。

山盛りの大きなカキ氷で、食べ応えがある。

また、金時の粒餡は、ふるいちの原点でもある「ふうまん(夫婦饅頭)」と同じ粒餡を使っているのもポイントだ。

ふるいち 仲店:メニュー(ぜんざい)

また、冬にはぜんざいも。

こちらの餡も、ふうまんと同じもの。

ふるいち 仲店:メニュー(ぶっかけ限定品)

ぶっかけうどんは、レギュラーメニューのほかに時季限定メニューもある。

ふるいち 仲店:メニュー(海外向け)

倉敷名物ということで、海外からの客も多いそう。
そのため、英語・中国語・韓国語の3ヶ国語対応メニューもあった。

ふるいち 仲店:店頭のメニュー

店頭には、ぶっかけうどんのレギュラーメニューを中心としたラインナップが紹介されていた。

「ぶっかけうどん」だけでたくさんの種類がある!

たくさんの種類ある、ふるいちのぶっかけうどん。
その中から、いくつかを紹介したい。

なお、ふるいちのぶっかけうどんの特徴は、以下のとおり。

  • ダシのよくきいた甘さが強めで濃い口のツユ
  • 冷と温がある(肉ぶっかけは温のみ)
  • 冷にはおろしワサビ・温にはおろしショウガが付く(変更可)
  • コシが強くモチッとした弾力としなやかさもある麺
  • 基本具材はウズラの卵・きざみ海苔・天カス・ネギ
  • 冷は、麺のコシが強くなるので、麺を楽しめる
  • 温は、ダシの風味が広がるので、ダシを楽しめる

ぶっかけうどんをおいしく食べるコツは、しっかりと混ぜ込んで食べること。

ふるいち 仲店:おろしぶっかけ(冷)

こうすることで、複雑な味わいを楽しむことができる。

きれいに盛り付けられているので躊躇してしまうかもしれないが、思い切って混ぜ混ぜしよう。

「ぶっかけうどん」は倉敷のぶっかけのスタンダード

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

まずは、ぶっかけうどんのスタンダード「ぶっかけうどん(冷)」から。

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

ウズラの卵・きざみ海苔・天カス・ネギという基本具材で構成されている。

ほかのバリエーションは、この基本具材に別の具材をプラスというのが多い(肉ぶっかけなど、一部は基本具材自体が変わっている)

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

▲天カス

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

▲ウズラの卵

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

▲ネギ

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

▲きざみ海苔

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

▲ツユ

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

▲麺

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

▲麺

ふるいち 仲店:ぶっかけ(冷)

▲おろしワサビ

「おろしぶっかけ」はダイコンおろしが入ってサッパリ

ふるいち 仲店:おろしぶっかけ(冷)

つづいて「おろしぶっかけ(冷)」。

基本具材に、ダイコンおろしがプラスされている。

ふるいち 仲店:おろしぶっかけ(冷)

私は、このおろしぶっかけのリピート率が高い。
また冷で頼むことが多い。

ふるいち 仲店:おろしぶっかけ(冷)

ダイコンおろしのサッパリ感が、ツユによく合い、清涼感が演出する。

ふるいち 仲店:おろしぶっかけ(冷)

▲ウズラの卵

ふるいち 仲店:おろしぶっかけ(冷)

▲ツユ

ふるいち 仲店:おろしぶっかけ(冷)

▲麺

「ぶっとろ」はトロロの粘りが加わる

ふるいち 仲店:ぶっとろ(温)

ぶっとろ(温)」もおろしぶっかけと同じくらいの人気がある。

ふるいち 仲店:ぶっとろ(温)

基本具材に加え、ヤマイモのトロロが入る。

ヤマイモ好き・粘りもの好きにはたまらない一品。

ふるいち 仲店:ぶっとろ(温)

ぶっとろは、混ぜ合わせたときにヤマイモのトロトロ感がツユやうどん麺にも生まれ、おもしろい味わいになる。

ぶっかけの醍醐味である「しっかり混ぜ合わせて食べる」という良さを一番発揮しているのが「ぶっとろ」かもしれない。

ふるいち 仲店:ぶっとろ(温)

▲天カス

ふるいち 仲店:ぶっとろ(温)

▲きざみ海苔

ふるいち 仲店:ぶっとろ(温)

今回は温かいぶっとろを注文したので、おろしショウガが付いてきた。
冷では、おろしワサビになる。

もちろん、ショウガをワサビに、ワサビをショウガに変更できる。

「天ぷらぶっかけ」は大きなエビ天入り

ふるいち 仲店:天ぷらぶっかけ(冷)

天ぷらぶっかけ(冷)」。

基本具材に、エビ天が入る。

ふるいち 仲店:天ぷらぶっかけ(冷)

エビ天は結構大きめのが一本。
衣はサクサクで、身はプリッとしていた。

天ぷらぶっかけは、子供が喜びそうだ。

「ぶっかけスペシャル」は具材がたっぷり入る豪華版

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

ぶっかけスペシャル(温)」。

ぶっかけスペシャルは、とてもたくさんの具材が入っている豪華版のぶっかけだ。
ただし、基本具材のウズラの卵・きざみ海苔は入っていない。

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

ツユがほとんど見えないほど、たくさんの具材が山盛りに。

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲油揚げ

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

けっこう厚みのある揚げで、味がよくしゅんでいる。

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲きざみゆで玉子

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲トロロ昆布

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲昆布の佃煮

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲薄切りのカマボコ

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲煮込みタマネギ

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲牛肉

タマネギといっしょに煮込まれている。

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲煮込みシイタケ

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

なんとエビ天まで入っている!

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲ツユ

ふるいち 仲店:きざみぶっかけ(温)

▲麺

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「汁うどん」はぶっかけより歴史あり

ふるいちは、うどんの提供をはじめた当初は「汁うどん」しかなかった。

だから、古くからのふるいちファンや、通などは、汁うどんも好んで食べるという。

汁うどんもバリエーションが多いので、代表的なものを紹介。

「すうどん」はシンプルなかけうどん

ふるいち 仲店:すうどん

すうどん」は、汁うどんの基本メニューだ。

ふるいち 仲店:すうどん

具材は、ネギ・カマボコ・カツオ節というひじょうにシンプルなもの。

ふるいち 仲店:すうどん

▲麺

ふるいち 仲店:すうどん

▲カマボコ

カマボコは、薄切りのものが2枚。

ふるいち 仲店:すうどん

▲カツオ節

「きざみうどん」は具材豊富!ぶっかけ以前からのふるいち名物

ふるいち 仲店:きざみうどん

きざみうどん」は、汁うどんのなかでも人気のあるメニュー。

ぶっかけ登場する昭和30年代後半以前は、この「きざみうどん」がふるいちの名物で一番人気だったそうだ。

だから、昔からのお客さんは、ふるいちといえば「きざみうどん」という印象も。

ふるいち 仲店:きざみうどん

きざみうどんは、たくさんの具材が入っているのが特徴。

具材は、ネギ・天カス・薄切りのカマボコ・ゆで玉子半分・昆布の佃煮・煮込みシイタケ・油揚げ。

ふるいち 仲店:きざみうどん

▲油揚げ

ふるいち 仲店:きざみうどん

油揚げは、けっこう厚みがあって食べ応えがある。

ふるいち 仲店:きざみうどん

▲昆布の佃煮

ふるいち 仲店:きざみうどん

▲ゆで玉子

ふるいち 仲店:きざみうどん

▲天カス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

店内のようす

ふるいち 仲店:店内のようす

ほかのふるいちの店舗は、基本は前払いのセルフサービスだが、仲店だけは異なる。

フルサービスで、会計は後払いだ。

訪問したら着席して注文、食後に出入口にあるレジで支払って帰るシステムだ。

ふるいち 仲店:店内のようす

席は一階が4人がけテーブルが6卓。

ふるいち 仲店:店内のようす

二階もあり、4人がけテーブルが8卓6人がけテーブルが2卓。

ふるいち 仲店:店内のようす

また、二階席にはカウンター席も。

カウンター席は窓際に8脚

ふるいち 仲店の外観

ふるいち 仲店:外観

ふるいち 仲店があるのは、JR倉敷駅前。

駅のすぐ南東にあたる。

ふるいち 仲店:外観

元町通り(中央通り)の東側から続く「ビオス倉敷(倉敷センター街)」に入ってすぐの場所だ。

比較的わかりやすいと思う。

 

なお、ふるいち 仲店から北へ約50m、旧国道2号線沿い、天満屋の向かいに「ふるいち 本店」がある。

ふるいち 仲店:本店のようす

もともと本店がふるいちの本来の店。

現在は、ふうまん(夫婦饅頭)がメインの店となっており、夏季をのぞいた時季で営業している。

まとめ

倉敷名物といったら、やはり「ぶっかけうどん」が有名。

その発祥の店なので、地元民はもちろん、観光やビジネスで倉敷に訪れた人にもぜひ訪れて欲しいと思う。

ふるいちは郊外にも店舗がいくつかあるが、仲店はぶっかけ発祥地ということで、昔ながらの雰囲気やシステムを残し、ほかの店舗とはちがったものとなっている。
メニューもほかの支店とは一部が異なる。
仲店だけは「特別」なのだ。

ふるいち 仲店で、ぜひ「元祖」ぶっかけうどんを味わって、倉敷名物のぶっかけうどんのスタンダードを知って欲しい。

ふるいち 仲店のイチオシポイント

  • 倉敷名物ふっかけうどん発祥店
  • 倉敷風ぶっかけうどんのスタンダードが知れる
  • ぶっかけうどんの豊富なバリエーション
  • ぶっかけうどんの甘く濃いめのツユと、コシと弾力のある麺
  • ぶっかけ誕生以前から人気の汁うどんの各種
  • 夏に人気の大きなカキ氷
  • 倉敷駅前にあるので観光やビジネスで寄りやすい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

近くのこちらのお店もおすすめ

ふじ心:おろしぶっかけうどん【ふじ心】ダシにこだわったうどんと一品料理に豊富な酒が楽しめる店(倉敷市鶴形・倉敷デパート)おおにし:倉敷ぶっかけセット【おおにし】美観地区倉敷川畔で倉敷名物ぶっかけうどんを楽しめる店。ママカリ・ばら寿司も(倉敷市本町)神戸屋@倉敷市【神戸屋】地元で有名なカレーの名店!創業30年以上の老舗人気店(倉敷市阿知)能登屋@倉敷市【能登屋】フルーティーで味わい深いカレー!チャイもおすすめ。えびす商店街の老舗(倉敷市阿知)倉敷カレー@倉敷市阿知【倉敷カレー】2種類のルーを楽しめるカレーがおすすめ!店主は野菜ソムリエ(倉敷市阿知)

こちらの記事もおすすめ

ぶっかけうどん:アイキャッチ用【ぶっかけうどん】倉敷名物の代表格!他地域とひと味違う味わいがポイント!食べられる店・人気店一覧むらすずめ:天龍庵のむらすずめ【むらすずめ】倉敷土産の代表格!おすすめメーカーを紹介!つぶあんが魅力の明治初期からの伝統銘菓カテゴリー:名物・銘菓【きびだんご】岡山代表銘菓の歴史と発祥・由来。明治天皇や岡山藩主のお墨付きの土産菓子倉敷中心部〜美観地区おすすめカレー一覧【倉敷中心部・美観地区】おすすめカレー一覧!地元のカレー好きが人気店を紹介!

店舗情報

店名 倉敷うどん ぶっかけ ふるいち 仲店(なかみせ)
所在地 岡山県倉敷市阿知二丁目3-23
営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休
電話番号 086-425-3200
禁煙状況 店内完全禁煙
駐車場 無し
HP 倉敷うどん ぶっかけふるいち
SNS TwitterFacebookInstagram
備考

注意
2019年10月時点での情報です。

「倉敷とことこ」でふるいち仲店を取材!

私がライターとして参加している、倉敷を中心としたエリアの情報メディア『倉敷とことこ』で、ふるいち 仲店を取材。
インタビュー・写真撮影・記事作成まで担当。

倉敷うどん ぶっかけ ふるいち仲店 〜 倉敷の食文化「ぶっかけうどん」を世界に広めるのが役割

倉敷うどん ぶっかけ ふるいち仲店 〜 倉敷の食文化「ぶっかけうどん」を世界に広めるのが役割 – 倉敷とことこ
倉敷を代表する名物料理「ぶっかけうどん」。ぶっかけうどんを広めたのが「ふるいち」です。倉敷市民にはおなじみの心の味である「ふるいちのぶっかけうどん」。そのぶっかけうどんの誕生秘話やおすすめの味わい方、ふるいちの地域にかける思いなどを取材しました。