【旧水曜カレー】福山駅前で楽しめる本格スパイスカレー!不定期の気まぐれカレーもおすすめ(福山市伏見町)

旧水曜カレー:三つ巴カレー

大阪で発祥したというスパイスカレーというカレーの形態は、しだいに全国に広まっていって、福山市でも少しずつ店が増えている。

JR福山駅前に2020年(令和2年)に登場したのが『旧水曜カレー』だ。

旧水曜カレーは、以前『水曜カレー』という名前だった。
というのも、『ザ・スナック』という元スナックの店舗に日替わりでいろいろな店が入るという店で、毎週水曜のみにカレー店として開店していた。
だから水曜カレーという名前だった。

しかし、ザ・スナックは2020年5月に閉鎖。
ザ・スナックだった場所に、常時営業の店舗として6月にオープンした。
名前もそのまま旧水曜カレーというユニークな店名になった。

旧水曜カレーの注目ポイントは、以下のような点だ。

ポイント
  • 不定期でいろいろなカレーが食べられる気まぐれカレー
  • 気まぐれカレーがあれば3種類を一度に楽しめる三巴カレー
  • 副菜(焼き野菜・ピクルス)が野菜タップリで、カレーを食べ終えると意外と満腹感がある
  • 自家栽培の野菜を使用
  • JR福山駅周辺で数少ない(2020年現在)本格的なスパイスカレーが食べられる店
  • 夜にはチョイ飲みも可能

そんな旧水曜カレーのメニューや実際に食べた料理、店内、外観、店舗情報などを紹介したい。

注意
2020年(令和2年)7月時点での情報です

旧水曜カレーの営業時間・定休日・店舗情報など

旧水曜カレー:外観
店名 旧水曜カレー
所在地 広島県福山市伏見町4-16
営業時間 火〜土曜 11:00〜15:00、18:00〜21:00
日曜 11:00〜15:00
定休日 月曜
電話番号 084-919-0331
カウンター×6
禁煙状況 禁煙
駐車場 無し
HP
SNS Facebook
Instagram
備考 PayPayでの支払可能

旧水曜カレーのメニュー

旧水曜カレーは、もちろんカレーがメイン。
「スパイスカレー」と呼ばれるカレーが基本だ。

旧水曜カレー:メニュー

メインは店名を冠した「旧水曜カレー」は、チキンカレーだ。

それにキーマカレーを合わせた「あいがけカレー」がある。
ただ、キーマカレーだけというのはメニューになかった(今後キーマ単品ができる可能性あり)。

さらに毎回内容が変わる「気まぐれカレー」もあった。
内容が変わるだけでなく、つくっている日とつくっていない日があり、まさに気まぐれなカレーとなっている。

さらにチキン+キーマのあいがけに気まぐれカレーを加えた「三巴カレー」というお得なメニューも。

もちろん三つ巴カレーは、気まぐれカレーが提供されているときのみのメニューだ。

さらに、数量限定の大山フルーツ牛乳がおすすめだそう。

旧水曜カレー:サイドメニュー

ほかにもサイドメニューがあり、夜にはチョイ飲みもできる。

「三巴カレー」は旧水曜カレーの全種が楽しめる

旧水曜カレー:三つ巴カレー

気まぐれカレーがある日だったので、チキン・キーマ・気まぐれの3種がすべて楽しめる「三巴カレー」を注文した。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

中央にこんもりとしたお椀型のターメリックライス、左右に半分ずつチキンと気まぐれカレーが配され、ライスの上にキーマカレーという盛り付けだ。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

チキンカレー(旧水曜カレー)はとろみのないサラッとしたルーで、スパイスの風味がここちよい。

店主いわく、スパイスにはかなりこだわっているとのこと。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

鶏肉の存在感もあり、肉のうまみも味わえた。

そしてあとからジワジワとピリ辛感がやってくる。
私にはほどよい感じのピリ辛さだった。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

この日の気まぐれカレーは「麻婆カレー」。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

麻婆豆腐のように挽き肉がタップリ。
その中に小さく角切りにされた豆腐が混じる。

挽き肉のうまみや甘みと塩味・ピリ辛感があり、そこへ豆腐のやわらかな食感と風味が味をまろやかに。
麻婆豆腐のようなカレーのようなおもしろい味わいだった。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

そして、ライスの頂上に坐するキーマカレー。

チキンと麻婆カレーよりに比べると、汁気のないルー。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

挽き肉タップリで、挽き肉のうまみ・甘みを楽しみながらスパイスの風味がやってくる。
そして、サクサクとしたフライドオニオンチップの食感と香ばしさがアクセントに。

三つ巴カレーは、三種それぞれのカレーの個性を楽しめるので、飽きが来ずにしっかりとお腹いっぱいになれるのが魅力的だ。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

カレーに目がいくのでライスは少なめに見えるが、ライスの量はそれなりにある。

また、副菜がたくさん添えられているのも注目ポイントだ。

副菜は、焼き野菜とピクルス。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

焼き野菜は、日によって変わることもあるそう。
この日はナンキン(カボチャ)、ホウレンソウ。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

またピクルスもタップリだ。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

種類も豊富で、キュウリにタマネギ、パプリカ。

旧水曜カレー:三つ巴カレー

さらに微塵切りのニンジンのピクルスがシッカリと盛られている。

ちなみに野菜は自家栽培のものを使用しているそう。

旧水曜カレー:毛沢東スパイス

なお、もっとピリ辛なカレーが欲しい、激辛がいいという場合は「毛沢東スパイス」を追加しよう。

けっこう辛くなるそうだ。

店内のようす・席

旧水曜カレー:店内

旧水曜カレーの店内はこぢんまりとしている。

以前のザ・スナックのときに比べると、内装は変わっているが配置はほぼそのまま。

旧水曜カレー:店内

奥に長い空間に、カウンター席が6席ほどならぶ。

「食べログ禁止」の張り紙に目に止まる。
冗談のようなものらしい。

※ちなみに当記事は一応店主に一言いって書いている。

旧水曜カレーの外観・所在地・駐車場

旧水曜カレー:外観

旧水曜カレーがあるのは、JR福山駅のすぐ南東の地区、伏見町の一角。
四角形の形をした伏見町の南東のエリアにあたる。

旧水曜カレー:外観

福山駅側から行くならば、福山駅前ロータリーの東側にある駅前交番のところの路地に直進。

旧水曜カレー:外観

なお、この路地や周辺にはなかなか魅力的な店が多い。
老舗の洋食店『ともんちゃ』などもこの路地にある。

ともんちゃ:オムカツセット(ケチャップソース)【ともんちゃ】2種のオムライスとデミカツが名物!老舗の洋食屋(福山市伏見町)

旧水曜カレー:外観

150m、ほぼ路地の突き当たりに近いところに旧水曜カレーがある。

道の側(進行方向手)だ。

旧水曜カレー:外観

老舗和菓子店『富久屋』の隣、というか同じ建物だ。

向かいにはクラフトビールの『ザ・ビアー』やギョウザ店『ノー・カウント』などが入るビルがある。

旧水曜カレーのイチオシポイント

旧水曜カレー:外観

ポイント
  • 不定期でいろいろなカレーが食べられる気まぐれカレー
  • 気まぐれカレーがあれば3種類を一度に楽しめる三つ巴カレー
  • 副菜(焼き野菜・ピクルス)が野菜タップリで、カレーを食べ終えると意外と満腹感がある
  • 自家栽培の野菜を使用
  • JR福山駅周辺で数少ない(2020年現在)本格的なスパイスカレーが食べられる店
  • 夜にはチョイ飲みも可能

2020年オープンの旧水曜カレー。

それまで福山駅近くで常時スパイスカレーが食べられる店はなかったので、旧水曜カレーの開店はカレー好きにはうれしいニュース。

三つ巴カレーは三種のカレーと副菜もタップリなので、ペロリと食べられたが意外とボリュームがあってお腹いっぱいになった。
満足のできた一杯だった。

野菜がシッカリあるのもグッドだ。

店舗情報

店名 旧水曜カレー
所在地 広島県福山市伏見町4-16
営業時間 火〜土曜 11:00〜15:00、18:00〜21:00
日曜 11:00〜15:00
定休日 月曜
電話番号 084-919-0331
カウンター×6
禁煙状況 禁煙
駐車場 無し
HP
SNS Facebook
Instagram
備考 PayPayでの支払可能

近くのおすすめの店

ともんちゃ:オムカツセット(ケチャップソース)【ともんちゃ】2種のオムライスとデミカツが名物!老舗の洋食屋(福山市伏見町)そのだ:中華そば(尾道風ラーメン)【中華そば そのだ】尾道ラーメンとシウマイに台湾風料理まで!チョイ吞みにも最適(福山市元町)稲田屋:肉丼【稲田屋】福山名物の肉丼と関東煮!地域に愛されるソウルフードと創業100年以上の食堂(福山市船町)
2020年(令和2年)7月時点での情報です[/alert