【遼太郎】名物のスタミナ系ピリ辛ラーメン・朱丸麺のほか尾道系の遼太郎麺もおすすめ(福山市沖野上)

遼太郎:朱丸麺

麺屋 遼太郎 (りょうたろう)』は、福山市の中心市街地から南東に少し行ったところ、沖野上町(おきのがみちょう)にある人気のラーメン店だ。

近くには同じラーメン店をはじめ飲食店が多いエリアだが、遼太郎は開店直後から多くの客が訪れる。
さらに、いつの間にか市内東部の東深津町に二号店まで出店していた。

遼太郎のメニューは尾道系の醤油ラーメンのほか、それをベースにしたスタミナ系ピリ辛ラーメンが特に評判だ。
ピリ辛味は女性が好きなようで、女性客の比率も多い気がする。

そんな遼太郎の注目ポイントは、以下のとおり。

ポイント
  • 遼太郎麺」は尾道系醤油ラーメンで、甘みのある醤油の味わいとプニッとした背脂がポイント
  • 朱丸麺」はシャキシャキとした炒めモヤシ・ニラが山盛りで、ニンニク・トウガラシが入ったスタミナ系ピリ辛ラーメン
  • 旨辛飯」は、ごはんと背脂の甘味、ネギのシャキシャキ感、タレのピリ辛感の調和がおいしい

人気のラーメン店・麺屋 遼太郎について、メニューや実際に食べたおすすめの料理、店内・外観のようす、店舗情報などについて紹介!

注意
2020年(令和2年)3月時点での情報です

遼太郎の営業時間・定休日・店舗情報など

遼太郎:外観
店名 麺屋 遼太郎 (りょうたろう)
所在地 広島県福山市沖野上町一丁目5-33
営業時間 11:00~15:00、18:00~24:00
定休日 火曜
電話番号 084-994-2881
厨房前L字カウンター×10脚
4人がけ座敷×1卓
6人がけ座敷×1卓
禁煙状況 禁煙
駐車場 有り
HP
SNS
備考 座敷には子供用椅子あり
子供用食器あり
PayPay利用可能

遼太郎のメニュー

遼太郎:メニュー

基本メニューは、尾道系の醤油ラーメン「遼太郎麺」だ。

しかし、スタミナ系ピリ辛ラーメンの「朱丸麺」がイチオシとされていて、一番大きく表示されている。
実際一番人気は朱丸麺のようだ。

また、朱丸麺の下にある「辛ねぎ麺」も人気のようで、遼太郎はピリ辛系のラーメンが評判である。

ほかにも「つけ麺」もある。
つけ麺は標準では辛くないが、辛さを加えることもできる。

そのほかサイドメニューもあり、お得なラーメンとのセットも。

遼太郎:メニュー

一品料理もそろっている。

遼太郎:メニュー

季節限定の「旨辛 朱丸冷麺」もあった。

遼太郎:メニュー

店頭にもメニューが置いてある。

「遼太郎麺」は尾道系の醤油ラーメン

遼太郎:遼太郎麺

基本メニューの「遼太郎麺」を注文。

遼太郎:遼太郎麺

いわゆる尾道系の醤油ラーメンだ。

遼太郎:遼太郎麺

スープは透明感のないこげ茶色。

遼太郎:遼太郎麺

甘味のある醤油の風味が広がる。

遼太郎:遼太郎麺

ブタの背脂の量は少なめ。
比較的大きい背脂だ。

遼太郎:遼太郎麺

食感はプニッとした弾力のあるもの。
そしてやや茶色くなっていて、甘い味がついている。

遼太郎:遼太郎麺

麺は平打ちストレート。
弾力のあるモチモチとした食感がうまい。

遼太郎:遼太郎麺

チャーシューは中くらいの広さで厚みのあるのが二枚。

遼太郎:遼太郎麺

赤身と脂身が7:3くらい。適度な味付けで、肉のうまみもしっかり味わえる。

遼太郎:遼太郎麺

味玉が半切れつく。やや固めの半熟。

メンマは数本入り、コリコリとした適度な食感。味付けもほどよい。
白髪ネギがたくさん入り、シャキシャキ感がアクセントになっていい感じ。

「朱丸麺」はスタミナ系のピリ辛醤油ラーメン

遼太郎:朱丸麺

一番人気のスタミナ系ピリ辛ラーメン「朱丸麺」。
メニューでの表記では、「朱」の字を「○(丸)」で囲んでいる。

遼太郎:朱丸麺

朱丸麺は多くのお客が注文しているメニューで、女性でも注文している人が多いように思えた。

別のラーメン店に取材したとき、その店のスタッフが「女性のほうが激辛好きが多い」といっていたが、実際そのようだ。

辛さは1〜5辛で選べ、1辛が一番辛さ控えめ。店員に聞くと0.5辛もできるとのことで、0.5辛にした。たぶん辛さゼロもできると思う。なお、5辛以上も裏メニュー的にあるとのこと。
0.5辛でもまあまあ辛い。

遼太郎:朱丸麺

朱丸麺は、福山市内にあるラーメン店『ほんてん』の人気メニュー「ほんてんラーメン」を彷彿とするようなラーメンだ。
また、かつて福山市内にあったラーメン店『朱鳶』の「朱鳶ラーメン」にも煮ている気がする。

朱丸麺よりピリ辛感は控えめだが、「ベトコンラーメン」も同じような系統だろう。

ほんてん:醤油ほんてんラーメン【ほんてん】名物ほんてんラーメンと尾道系醤油ラーメンが人気。豚からごはんもおすすめ(福山市三吉町)

遼太郎:朱丸麺

ラーメンの上に大量の炒められた太モヤシ。その中にニラ、トウガラシ三切れほど、ニンニクスライスが7〜8枚くらい。

香ばしい香りが立ち上る。

遼太郎:朱丸麺

チャーシューは小さなサイコロ状になっていて、いくつか混じっている。

遼太郎:朱丸麺

スープは透明感のない茶色。

ベースは遼太郎麺のスープだと思われるが、ブタの背脂はなく、細かいトウガラシの破片のようなものや赤っぽい辛そうな脂分が見える。

遼太郎:朱丸麺

飲むと甘みのある醤油風味だが、ピリリとした辛さがやってくる。

遼太郎:朱丸麺

上の野菜は、口に含むと炒められた香ばしさとニンニクの香りが広がり、モヤシとニラのシャキシャキ感がおいしい。

遼太郎:朱丸麺

そこへニンニクのジャガイモのようなホクホクとした食感やサイコロ状のチャーシューのプニプニとした食感が混じる。

遼太郎:朱丸麺

さすがにトウガラシをまるごと食べられないので、横に置いておく。

遼太郎:朱丸麺

麺は遼太郎麺と同じ平打ちストレート。スープの茶色い色に染まっている。
弾力のあるモチモチとした食感。

遼太郎:朱丸麺

具材、麺、スープ別々に味わったあと、全体を少しずつ混ぜながら食べる。
すると、麺のモチモチ感やモヤシ・ニラのシャキシャキ感がいい感じになっておいしい。

ただ、0.5辛でも私にとっては辛めで、勢いよく食べるとむせてしまう。

ピリ辛好きはハマりそう。

「つけ麺」もピリ辛風味を加えることができる

遼太郎:つけ麺

遼太郎には、つけ麺もある。

つけ麺も辛さを選べるが、標準の無辛にした。

遼太郎:つけ麺

つけ汁は、基本の遼太郎麺の醤油スープをベースにしながら。魚介の風味が香る。

遼太郎:つけ麺

麺の上のシャキシャキの白髪ネギがあり、アクセントになっておいしい。
ヒヤッと冷たく弾力のある強いコシの麺。

「旨辛飯」はごはんにネギと背脂とピリ辛ダレをかけたもの

遼太郎:旨辛飯

サイドメニューで気になったのが「旨辛飯」。

遼太郎:旨辛飯

ごはんの上にネギ、細かめの背脂、辛味のタレ。

遼太郎:旨辛飯

よく混ぜて食べる。
背脂の甘味、ネギのシャキシャキ感とさわやかな風味、タレの辛みが混じり合っていい。

ただ、けっこう脂っこい。

「チャーハン」

遼太郎:チャーハン

チャーハンもなかなかおいしい。

「ギョウザ」

遼太郎:ギョウザ

ギョウザセットにしてみた。

遼太郎:ギョウザ

ギョウザはやや小ぶりな印象。

遼太郎:ギョウザ

皮の片面はコンガリと焼かれていて香ばしい。

遼太郎:ギョウザ

焦げ面以外の皮は、やや厚めのモッチリした感じ。

遼太郎:ギョウザ

中のアンはジューシー。

遼太郎:白米

ライスは、ラーメン店にしては量がやや控えめな気がした。

遼太郎(沖野上本店)の店内のようす・席

遼太郎:店内のようす

遼太郎は奥行のある構造だ。

遼太郎:店内のようす

厨房前にL字カウンターで10席ある。

遼太郎:店内のようす

奥には座敷もあるので、子連れなどファミリーでも安心だ。

4人がけ座敷が1卓、6人がけ座が1卓ある。

なお、座敷には子供用椅子あり。

遼太郎:店内のようす

卓上には、紙エプロンが置いてある。
朱丸麺は飛び散りやすいので、これは助かる。

ちなみに、店内は禁煙。
またPayPayでの支払いができる。

遼太郎(沖野上本店)の外観・所在地・駐車場

遼太郎:外観

遼太郎の沖野上本店があるのは、沖野上町。
JR福山駅から南東へ約2kmの場所だ。

遼太郎:外観

ウナギ料理店の「なか勝」の向かいだ。

遼太郎:外観

遼太郎は、鶏料理がおいしい居酒屋の「もんど」と同じ建物に入居している。

遼太郎:外観

福山市立大学から新しい福山市立体育館や、芦田川の水呑大橋などをつなぐ通り沿いにある。
国立病院や大田記念病院など病院が多いエリアだ。

遼太郎は、道路の東側に面している。
なお敷地内には、うどん店「杵屋」もある。

遼太郎:外観

気をつけなければならないのが、駐車場だ。
「もんど」や「杵屋」は同じ敷地内だが、敷地内の駐車場は各店で割り当てがされているので、好きな場所には停められない。

遼太郎の駐車場は、上記写真の店舗の向かって左側に脇道に入ったところにある。

遼太郎:外観

北側から来たときは、上記の場所で左に入ろう。

遼太郎:駐車場

上記の看板が目印だ。

遼太郎:駐車場

曲がってすぐの進行方向右側に駐車場がある。

遼太郎:駐車場

駐車場は6台分ある。

遼太郎:駐車場

すべての駐車場が遼太郎のものではないので、じゅうぶん注意しよう。
3〜9の番号の部分だけだ。

遼太郎:駐車場

遼太郎の駐車スペースには、遼太郎の名前が掲げられているので目印になる。

遼太郎:駐車場

案内板もあるので、参考にしよう。

遼太郎:駐車場

なお、遼太郎には第二駐車場がある。

遼太郎:第二駐車場への行き方

第一駐車場の前の道を、そのまま過ぎて直進する。

遼太郎:第二駐車場

約100mほど直進した交差点のところに第二駐車場がある。

遼太郎:第二駐車場

こちらは共用駐車場となっていて、遼太郎のところには店名が書かれている。

遼太郎:第二駐車場

遼太郎の駐車スペースは、番号2・3・14・15・16のところだ。

第一駐車場は店のすぐ裏で近いが駐車スペースが狭く、さらに目の前の道も狭いので出入りがしづらい。
遠くても第二駐車場のほうに停めるのが無難だ。

▲第二駐車場の場所

二号店の遼太郎 東深津店もある

なお、いつの間にか遼太郎は二号店を出店していた。

場所は、市内東部にあたる東深津町二丁目

「福山メモリアルパーク」から東へ約500m行ったところで、以前に博多ラーメン店があった場所になる。

東深津店は、店頭の第一駐車場は狭めだが、建物の裏にある第二駐車場は共用駐車場となっていて、広めで停めやすい。
東深津店でも第二駐車場に駐車するのがいいと思う。

ちなみに、本店と東深津店は定休日が違うので注意だ。

遼太郎 東深津店

店名 麺屋 遼太郎 (りょうたろう) 東深津店
所在地 広島県福山市東深津町二丁目7-43
営業時間 11:00~15:00、18:00~24:00
定休日 水曜
電話番号 084-919-0602
禁煙状況 禁煙
駐車場 有り(第二駐車場あり)
HP
SNS
備考

遼太郎のイチオシポイント

遼太郎:遼太郎麺と旨辛飯

ポイント
  • 遼太郎麺」は尾道系醤油ラーメンで、甘みのある醤油の味わいとプニッとした背脂がポイント
  • 朱丸麺」はシャキシャキとした炒めモヤシ・ニラが山盛りで、ニンニク・トウガラシが入ったスタミナ系ピリ辛ラーメン
  • 旨辛飯」は、ごはんと背脂の甘味、ネギのシャキシャキ感、タレのピリ辛感の調和がおいしい

開店直後から多くのお客さんがやってくる遼太郎。
しかも、女性客が多めで、多くの客は「朱丸麺」を注文する。
「辛ネギ麺」の注文も多いようだ。

ピリ辛系のラーメンが好きならば、ぜひ一度味わってみて欲しい。

ピリ辛が苦手でも、基本メニューの「遼太郎麺」は、ブタの背脂がおいしくネギのシャキシャキ感も楽しめる尾道ラーメン。
こちらもおすすめだ。

なお、駐車場は本店・東深津店とも第二駐車場に駐車することをおすすめする。

店舗情報

店名 麺屋 遼太郎 (りょうたろう)
所在地 広島県福山市沖野上町一丁目5-33
営業時間 11:00~15:00、18:00~24:00
定休日 火曜
電話番号 084-994-2881
厨房前L字カウンター×10脚
4人がけ座敷×1卓
6人がけ座敷×1卓
禁煙状況 禁煙
駐車場 有り
HP
SNS
備考 座敷には子供用椅子あり
子供用食器あり
PayPay利用可能

注意
2020年(令和2年)3月時点での情報です

沖野上本店近くのおすすめラーメン店

つたふじ福山支店:中華そば(尾道ラーメン)大盛【つたふじ福山支店】尾道ラーメンの老舗で名店!「中華うどん」も人気の名物(福山市御門町)とんとん @ 福山【とんとん】福山豚骨ラーメンの重鎮。やっぱりうまい!夜の営業が中心(福山市昭和町)味の蔵:豚骨ラーメン【味の蔵】豚骨と尾道系の二枚看板!座敷・テーブル充実で子供連れにもおすすめのラーメン店(福山本店・川口店)

沖野上本店近くのほかのおすすめ店

なか勝:うな重【なか勝】福山でウナギを喰うならココ!市内屈指のウナギ料理の名店(福山市沖野上町)やまもと商店:備後焼きそば【やまもと商店】もち麦入の極太麺の備後焼そば。モチモチ+カリカリの食感で香ばしい(福山市多治米)日鶏ひとり:半々定食(おろしポン酢+チキン南蛮)【日鶏ひとり】鶏から揚げ専門の定食店で持ち帰りあり。巨大で衣サクサク・中ジューシー!(福山市多治米)

東深津店近くのおすすめラーメン店

ラーメン匠 曙店 とんこつしぼり【ラーメン匠】福山市内随一の絶品豚骨ラーメン!塩ラーメンもおすすめ!子連れのランチにも最適朱華楼:中華そば【朱華楼】福山市で人気の老舗ラーメン店。王道でありながらフワトロ背脂など独自性ある尾道ラーメン極とんラーメン:極とんラーメン【極とんラーメンとん匠】福山屈指の豚骨チェーン。ほんのり甘いスープとピリ辛高菜!ファミリーや学生に人気道楽:さばずしセット【道楽】福山で希少な和歌山系の豚骨醤油ラーメン!定番のサバ寿司や塩ラーメンも(福山市南蔵王)プカプカ:魚介らーめん【プカプカ】魚介風味の濃厚醤油!アクセントのタマネギと独特のチャーシューの個性派(福山市南蔵王)

ほかのおすすめラーメン店

ほんてん:醤油ほんてんラーメン【ほんてん】名物ほんてんラーメンと尾道系醤油ラーメンが人気。豚からごはんもおすすめ(福山市三吉町)静流:にぼしラーメン【静流】リーズナブルな醤油ラーメンととろけるロースポーク!学割あり(福山市延広町)満麺亭:あぶり醤油ラーメン【満麺亭】香ばしいチャーシューのあぶりラーメンが名物!尾道系醤油など幅広くそろう(福山市川口)十八番:中華そば(大)【十八番】スッキリとした味わいの尾道系醤油ラーメン。福山市を代表する老舗ラーメン店