【まるふじ】深夜までやっている尾道ラーメン!独特な食感の背脂が印象的(福山市南町)

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

まるふじ』は、広島県福山市の中心市街地から少し南東に位置するラーメン店。

JR福山駅から南東へ約1kmの場所だ。

近くには歓楽街・飲み屋街が多いエリアになる。
すぐ近くにはビジネスホテルも立地。

まるふじのオープンは2000年代後半。
こぢんまりとした店で、店主一人で運営しているようだ。

そんなまるふじの注目ポイントは、以下のような点。

ポイント
  • スタンダードな尾道ラーメンが楽しめる。
  • 尾道ラーメンのブタの背脂は、カリカリのものとプニっとしたものがあっておもしろい
  • ラーメンは激辛・野菜盛り・ネギ盛りなどバリエーションがある
  • 塩ラーメンもある
  • サイドメニューが豊富で、セットも多い
  • 深夜2時までやっているので、飲んだ帰りなどでも食べられる

深夜でも楽しめる尾道ラーメンの店・まるふじのメニューや実際に食べた料理、店内のようす、外観、店舗情報などについて紹介!

注意
2020年(令和2年)2月時点での情報です

まるふじの営業時間・定休日・店舗情報など

まるふじ:外観
店名 まるふじ
所在地 広島県福山市南町3-11
営業時間 11:30~14:30、
17:30~翌2:00
定休日 日曜
電話番号 084-922-1723
厨房前カウンター×5
奥側カウンター×6
2人がけテーブル席×2
禁煙状況 22時まで禁煙、
22時以降は非禁煙
駐車場 有り(1台のみ)
HP
SNS
備考

まるふじのメニュー

まるふじ:メニュー

まるふじのメニューは豊富なので、どれを注文しようか選ぶ楽しみがある。

まるふじ:メニュー

るふじのラーメンメニューは、尾道系醤油ラーメン(中華そば)をメインに、そのアレンジラーメンが数種類ならぶ。

さらに、塩ラーメンも。

まるふじ:メニュー

サイドメニューは、チャーハン数種、ギョウザ、手羽先や鶏のから揚げ、ライス、おにぎり、煮卵、チャーシューなど。
セットメニューもあった。

まるふじは、以前は尾道系の醤油ラーメンと焼きそばがあったと思う。

久々に訪問してみたら、メニューはかなり変わり、種類もかなり増えていた。
焼きそばは、なくなったようだ。

まるふじ:持ち帰りメニュー

なお、中華そばは持ち帰り用もある。

「中華そば」は尾道系ラーメンで背脂が独特

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

看板メニューの「中華そば」。

いわゆる尾道ラーメンだ。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

ビジュアルもスタンダードな尾道ラーメンと同じ。

醤油系スープに豚の背脂、大きなチャーシュー1枚、メンマ、ネギ。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

スープは、濃いめの焦茶色で、ややクリア感もある。
温度は高めで熱々。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

醤油のしっかりとした風味の味わいだが、醤油辛過ぎない適度な味。
スープをすすっていくと、鶏ガラと思われるダシの味わいが広がっていく。

後口はスッキリしていておいしい味わいのスープ。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

面白いのは、ブタの背脂。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

小さいのからかなり大きいのまでが、スープの上に浮かぶ。
しかも、カリカリに揚げられたものから、プリプリで弾力のあるものまで、複数の特徴の背脂が混ざっている。
色も焦げ茶色から白っぽいのまで。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

揚げたやつは、カリカリサクサク感がいい。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

背脂の味付けは薄め。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

麺は中細よりもやや細い印象のストレート。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

平打ちというか、角張った麺といったほうがいいか。
麺は低加水と思われ、茶色くスープの色に染まっている。

固さは選択可能。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

チャーシューは薄めで大きいのが一枚。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

赤身メインで少し脂身が混じる。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

ネギは細かい。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

コリコリのメンマ。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン)

メンマは中くらいの大きさで、味付け薄め。

まるふじ:中華そば(尾道ラーメン) 2014年

▲2014年(平成26年)に訪れたときのラーメン

今よりちょっと違っていて、特にブタの背脂が違うようだ。

「チャーハン」

まるふじ:チャーハン

半チャーハン」。
半チャーハンセットで注文した。

まるふじ:チャーハン

チャーハンは、薄めの塩味。
ラーメンといっしょに食べるので、これくらいがちょうどいいかも。
やや脂感は強めな印象。

まるふじ:チャーハン

具材で目を引くのは、肉。
やや大きめの肉片が数個だが入っている。

まるふじ:チャーハン

あと、香ばしく炒められた玉子がおいしい。

ほかは、ニンジン・タマネギ・ネギが細かく刻まれて米に混じっている。

まるふじの店内のようす・席

まるふじ:店内

まるふじの店内は、奥に長い形状。

席数は、以下のとおり。

  • 厨房前カウンター×5
  • 奥側カウンター×6
  • 2人がけテーブル席×2

入ってすぐ右手に厨房があり、その前にカウンター席がある。

そして、左手に2人がけのテーブル席が2つならんでいる。
テーブル席は、この2卓のみ。

さらに奥側、上記画像のカーテンの奥側にもカウンター席がある。
少し変わった造りだ。

まるふじ:店内

奥のカウンターは6脚。

なお、店内は22時まで禁煙

まるふじの外観・所在地・駐車場など

まるふじ:外観

まるふじがあるのは、国道2号線の「御船町交番前」交差点と県道22号線(福山鞆線)の「ばら公園東」交差点を結ぶ道路沿いだ。

JR福山駅からは南東へ約1km、中央図書館のある中央公園からは東へ約500mばら公園からは北へ約250mという場所。

まるふじ:外観

歓楽街・飲み屋街の南側にあたり、ちょうど中心市街地から郊外へと移り変わるようなエリアにある。

以前、中華料理店の『珍竹林』という店があった場所だ。

まるふじに行くには、国道2号線からは御船町交番前交差点をに折れ、県道22号線からはばら公園東交差点をに折れる。

まるふじ:店頭のようす

まるふじがあるのは、両交差点のちょうど中間地点にあたり、道の西側に面している。

まるふじ:店頭のようす

国道2号線から来た場合、「南町」交差点を過ぎて約50mの地点で、進行方向右手に店がある。

まるふじ:店頭のようす

県道22号線からは、ばら公園を過ぎて、「花園町1丁目」交差点を過ぎ約80mのところ。

まるふじ:店頭のようす

店があるのは、進行方向側だ。

まるふじ:店頭のようす

駐車場は、店舗の正面に向かって左側(南側)に1台あるのみ。
近隣にコインパーキングが多いので、車の場合はコインパーキングに停めたほうがいいだろう。

まるふじのイチオシポイント

ポイント
  • スタンダードな尾道ラーメンが楽しめる。
  • 尾道ラーメンのブタの背脂は、カリカリのものとプニっとしたものがあっておもしろい
  • ラーメンは激辛・野菜盛り・ネギ盛りなどバリエーションがある
  • 塩ラーメンもある
  • サイドメニューが豊富で、セットも多い
  • 深夜2時までやっているので、飲んだ帰りなどでも食べられる

まるふじは、開業後に私は何度か足を運んでいた店だったが、ここ数年は行っていなかった。

このたび、ひさびさに行ってみたが、ラーメンが少し雰囲気が変わっている気がした。
メニューも変わり、ラインナップも増えいてる。

お店が研究や工夫をつづけているのだなと思った。

店舗情報

店名 まるふじ
所在地 広島県福山市南町3-11
営業時間 11:30~14:30、
17:30~翌2:00
定休日 日曜
電話番号 084-922-1723
厨房前カウンター×5
奥側カウンター×6
2人がけテーブル席×2
禁煙状況 22時まで禁煙、
22時以降は非禁煙
駐車場 有り(1台のみ)
HP
SNS
備考

注意
2020年(令和2年)2月時点での情報です

近くのラーメン店

とんとん @ 福山【とんとん】福山豚骨ラーメンの重鎮。やっぱりうまい!夜の営業が中心(福山市昭和町)つたふじ福山支店:中華そば(尾道ラーメン)大盛【つたふじ福山支店】尾道ラーメンの老舗で名店!「中華うどん」も人気の名物(福山市御門町)遼太郎:朱丸麺【遼太郎】名物のスタミナ系ピリ辛ラーメン・朱丸麺のほか尾道系の遼太郎麺もおすすめ(福山市沖野上)