【麺屋 千鳥】笠岡ラーメンとチキンデミカツ丼が名物!ほかにも多彩なラーメンが魅力的(笠岡市四番町)

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

笠岡市街東部の新興市街地に『麺屋 千鳥 (ちどり)』というラーメン店がある。

笠岡市といえば、ご当地ラーメン「笠岡ラーメン」が名物だ。

麺屋 千鳥も、笠岡ラーメンをメインメニューとして提供している。

麺屋 千鳥のポイントを挙げると、以下のとおり。

ポイント
  • 大きめにスライスされたカシワの煮鶏が載る中華そば(笠岡ラーメン)
  • 笠岡ラーメン意外にも個性的なラーメンがたくさんラインナップ
  • サイドメニューも魅力的な物がそろう
  • コクのある甘みのデミソースとプリッとした肉のチキンデミカツ丼
  • 国道2号線のすぐそばでアクセス良好

そんな麺屋 千鳥のメニューや実際に食べた笠岡ラーメンなどの料理、店内のようすや外観、店舗情報などを紹介!

注意
2020年(令和2年)1月時点での情報です

麺屋 千鳥の営業時間・定休日・店舗情報など

麺屋 千鳥:外観
店名 麺屋 千鳥(ちどり)
所在地 岡山県笠岡市四番町1-26-5
営業時間 11:00~14:30、17:00~20:00
定休日 月曜
電話番号
カウンター席×10脚
禁煙状況 禁煙
駐車場 有り
(第二駐車場も有り)
HP
SNS
備考

麺屋 千鳥のメニュー:笠岡ラーメン以外にも豊富なメニュー

麺屋 千鳥:メニュー

看板メニューは「中華そば」と「千鳥ラーメン」。

中華そば」は、いわゆる笠岡ラーメン
千鳥ラーメン」はスープに煮干しダシが入る醤油味で、豚肉のチャーシューがのる。

笠岡ラーメンの食べられる店【笠岡ラーメン】地元民おすすめ店一覧!人気店パーフェクトガイド(マップ付き)

ほかにもラーメン・サイドメニューとも種類が豊富だ。
ごはんものでは「チキンデミカツ丼」が人気とのこと。

麺屋 千鳥:メニュー

新メニューも登場していた。

麺屋 千鳥:メニュー

看板メニューの中華そば・千鳥ラーメンよりも、「台湾まぜそば」「海老塩ラーメン」「旨辛ラーメン」が人気らしい。

麺屋 千鳥:メニュー

▲台湾まぜそば

麺屋 千鳥:デザートのコーヒーゼリー

ちなみに、私が食べたときデザートにコーヒーゼリーが出た。

麺屋 千鳥:メニュー

注文商品を食べるときに写真を撮り、Facebook・Instagram・Twitterに投稿し、その投稿画面を会計時に店員に見せると、料金を100円引きしてもらえる。

「中華そば(笠岡ラーメン)」は大きめのカシワ肉がポイント

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

中華そばは、いわゆる笠岡ラーメンだ。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

醤油スープに、笠岡ラーメンの象徴ともいえるカシワ肉の煮鶏スライスが並ぶ。
ほかの具材は、ネギとメンマというシンプルスタイル。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

スープは茶色く、やや透明。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

飲むと甘味と鳥の旨味が広がり、適度な塩味がくる。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

麺は中細ストレート麺。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

笠岡ラーメンらしい味わいのツルツルとした麺だ。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

カシワ肉は、大きめにスライスされたものが多めに入っている。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

カシワは皮付き。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

コリコリの食感とともに甘辛い味と旨味が滲み出る。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

ネギは、伝統的な笠岡ラーメンに見られる斜め切りスタイルだ。

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)

メンマはちょうどよいコリコリ感だった。

「ミニチキンデミカツ丼」はデミグラスソースがいい感じ

麺屋 千鳥:ミニチキンデミカツ丼

せっかくなので、サイドメニューの人気・チキンデミカツ丼をミニサイズで注文した。

ミニだがなかなか量がある。
並とミニのあいだのようなボリュームだと思った。

麺屋 千鳥:ミニチキンデミカツ丼

デミカツ丼といえば、普通はトンカツだが、チキンのデミカツ丼は珍しい。
しかもデミカツ丼は岡山市の名物なので、笠岡でデミカツ丼が食べられるのも貴重といえる。

麺屋 千鳥:ミニチキンデミカツ丼

カツの衣は細かめのパン粉だ。
食べると、サクッとした軽快な食感。

麺屋 千鳥:ミニチキンデミカツ丼

肉の身は厚めで、プリッとして柔らかい。

麺屋 千鳥:ミニチキンデミカツ丼

デミグラスソースは、赤茶色をしており、とろみは強め。
甘めのハヤシライスのルーのような味わいだ。

また、ご飯とカツの間には少量の千切りキャベツで、マヨネーズが少しかかっている。

麺屋 千鳥:ミニチキンデミカツ丼の漬物

デミカツ丼には漬物が付いてくる。

店内のようす・席など

麺屋 千鳥:店内のようす

千鳥の店内は、そんなに広くない。

奥に細長い店内で、席はカウンター席のみだ。

入口寄りに、壁側に4脚。
奥側の厨房前に、6脚のカウンター席がある。

麺屋 千鳥の外観・所在地など

麺屋 千鳥:外観

千鳥があるのは、笠岡市街地東部、番町といわれるエリアだ。
国道2号線から脇道を南に入ってすぐの場所になるので、車でのアクセスは非常にいい。

麺屋 千鳥:行き方

国道2号線の「竹喬(ちっきょう)美術館口」交差点を南に折れる。
上記写真は、竹喬美術館口交差点を西側(福山側)から東を見たところ。
中電工が目印なので、ここを右折する。

麺屋 千鳥:行き方

上記は、竹喬美術館口を東側(岡山・倉敷側)から西を見たところ。
ガストを過ぎたところに竹喬美術館口交差点がある。

麺屋 千鳥:行き方

信号があるので、そこを左折する。

麺屋 千鳥:店頭

竹喬美術館口交差点を南に曲がって約20m進んで、道の左側(東側)に棟続き手並ぶ店の一番南側にあるのが千鳥だ。

麺屋 千鳥:店頭

逆に南側から北場合は、黒い外観の「いざかや福笑」を過ぎて20mくらいで、道の右側にある。

麺屋 千鳥:外観

駐車場は店前に2台停車できる。

麺屋 千鳥:外観

駐車スペースは狭いので注意。

麺屋 千鳥:第二駐車場

店舗の裏(東側)に第二駐車場もある。
こちらのほうが車を停めやすいので、おすすめだ。

麺屋 千鳥:第二駐車場

第二駐車場は、千鳥の店の前を過ぎて南に行ったところの最初の交差点を左折(東に折れる)。
千鳥からは約20mほどで、黒い外観の「いざかや福笑」がある交差点だ。

麺屋 千鳥:第二駐車場

左(東)に曲がって約20m行ったところの左側(北側)に共同駐車場が見える。
この中に千鳥の第二駐車場がある。

麺屋 千鳥:第二駐車場

共同駐車場入口に「千鳥」の名前があるので、目印にして欲しい。

千鳥の第二駐車場は、共同駐車場に3台分ある。
ガスト側(敷地内東側)に「千鳥」と書かれた駐車スペースがあるので、そこに駐車しよう。

違う名前のところに駐車しないように注意だ。

麺屋 千鳥のイチオシポイント

麺屋 千鳥:中華そば(笠岡ラーメン)とミニチキンデミカツ丼

ポイント
  • 大きめにスライスされたカシワの煮鶏が載る中華そば(笠岡ラーメン)
  • 笠岡ラーメン意外にも個性的なラーメンがたくさんラインナップ
  • サイドメニューも魅力的な物がそろう
  • コクのある甘みのデミソースとプリッとした肉のチキンデミカツ丼
  • 国道2号線のすぐそばでアクセス良好

麺屋 千鳥は国道2号線のすぐ近くでアクセスは抜群だ。

外観は老舗のような雰囲気だが、千鳥は笠岡ラーメンの中では新しい部類になる。
店主はけっこう若い感じだった。

千鳥では、笠岡ラーメンが一番のおすすめだが、サイドメニューのチキンデミカツ丼もぜひ食べてみて欲しい。
ほかにもいろいろなラーメンが揃っているので、いろいろ食べてみたくなる。

さぁ、あなたは何を食べる?

店舗情報

店名 麺屋 千鳥(ちどり)
所在地 岡山県笠岡市四番町1-26-5
営業時間 11:00~14:30、17:00~20:00
定休日 月曜
電話番号
カウンター席×10脚
禁煙状況 禁煙
駐車場 有り
(第二駐車場も有り)
HP
SNS
備考

注意
2020年(令和2年)1月時点での情報です

近くのほかの笠岡ラーメン提供店

八楽笑:笠岡ラーメン(玉子トッピング)【八楽笑(ハラショウ)】笠岡ラーメン・尾道ラーメンの両方が楽しめるファミリー向けの店(笠岡市一番町)大松食堂(井笠地域事務所食堂)@笠岡【大松食堂】県庁出先機関にまさかの笠岡ラーメンの名店!定食類もおすすめ(笠岡市六番町)おっつぁん@笠岡市【おっつぁん】市場内にある行きやすい笠岡ラーメン店。小学生未満は入店不可!(笠岡市十一番町)山ちゃん:中華そば(笠岡ラーメン)【山ちゃん】坂本直系の王道笠岡ラーメン。早朝から営業する隠れ家的なラーメン店(笠岡市笠岡)

ほかのおすすめ記事

笠岡ラーメンの食べられる店【笠岡ラーメン】地元民おすすめ店一覧!人気店パーフェクトガイド(マップ付き)坂本@笠岡市【中華そば 坂本】笠岡ラーメンを知るならまずここから!笠岡市内の現役最古参の老舗(笠岡市中央町)いではら@笠岡市【いではら】笠岡ラーメンの名店の味を継承!誕生日は半額に!(笠岡市笠岡)坂本@笠岡市【中華そば 坂本】笠岡ラーメンを知るならまずここから!笠岡市内の現役最古参の老舗(笠岡市中央町)