【坂本】笠岡ラーメンの現役最古参!伝統を引き継ぐ老舗店(笠岡市中央町)

坂本@笠岡市

いまやラーメン好きの間では全国的に知られる岡山県笠岡市のご当地ラーメンの「笠岡ラーメン」。

その元祖といわれているお店市民に愛された笠岡ラーメンの名店『斉藤』はもうすでに閉店してしまった。

しかしその斉藤で修行をして、その味を引き継いでいることで知られているお店がある。
斉藤のなきあと、現在残る最古参のラーメン店で、笠岡ラーメン提供店の代表とされる店がある。
それが『坂本』だ。

昭和30年代からの営業というから、この坂本自体も老舗。

現在の笠岡ラーメンの代表的な店舗であり、笠岡ラーメンを知るためのひとつの指標となるお店である。

坂本のポイントは以下の通りだ。

  • 笠岡ラーメンの元祖『坂本』の直系のお店
  • 元祖を受け継ぐ基本形の笠岡ラーメン
  • 食感とうま味があふれるカシワ肉
  • 深い味わいの醤油スープ
  • 会計は自分でおこなう「勝手に精算機」方式

元祖・笠岡ラーメンの坂本を紹介していこう。

笠岡ラーメンの食べられる店【笠岡ラーメン】人気店パーフェクトガイド!地元民おすすめ店一覧(マップ付き)
笠岡商工会議所や坂本の店主から、斉藤と坂本に師弟関係はなく、また斉藤以前から笠岡ラーメンは存在したと聞いたので、訂正。
注意
2019年10月時点での情報です。

坂本の概要

坂本@笠岡市

店名 坂本
所在地 笠岡市中央町34-9
営業時間 9:30~14:30頃 ※スープがなくなり次第終了
定休日 日曜日、木曜日、祝日
電話番号 0865-63-6454
禁煙状況 店内完全禁煙
駐車場 無し

坂本のメニュー

坂本@笠岡市

サカモトンメニューは、「中華そば」並盛・大盛のみの直球勝負。

サイドメニューなし、ライスすらなく至ってシンプルだ。

老舗ならではといった感じ。

笠岡ラーメン「中華そば」大盛り

坂本@笠岡市

笠岡ラーメンの本家直径代表格の中華そばがこれ。

まさに笠岡ラーメンの代表格といえるもので、絵に描いたような基本的な笠岡ラーメン。
元祖のスタイルを継承しているのだから当然だ。

なお、大盛りで注文した。

坂本@笠岡市a

鶏ガラメインのダシでつくられた醤油スープ

斜めに切られたネギも元祖特有のもの。

スープはすすると同時に口の中に鶏のダシの旨味が広がる。
飲み干せるスープだ。

坂本@笠岡市

中細のストレート麺。

麺は茹で具合がちょうどよく、適度な硬さ。

坂本@笠岡市a

そして笠岡ラーメンの象徴といえる煮たカシワのスライス

岡山県界隈では、ヒネ鶏(排卵を終えた老鶏)を「カシワ肉」と呼ぶ。

これが笠岡ラーメンの標準スタイルだ。

そして、カシワの岡山弁でいう「しうぇー」食感と、噛むたびに口に染み出てくるカシワの旨味。

意識することもなく自然と箸はすすみ、ついに汁まで完食した。

笠岡商工会議所や坂本の店主から、斉藤と坂本に師弟関係はなく、また斉藤以前から笠岡ラーメンは存在したと聞いたので、訂正。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


坂本の外観と店頭のようす

坂本@笠岡市

坂本は笠岡市の中心市街地となる中央町にある。
JR山陽本線 笠岡駅の北口から300メートルほど。

徒歩の場合、笠岡駅から北へ延びる「県庁通り」を少し進み、「本通」を西へ曲がって直進。岡山県道34号線(笠岡井原線)沿いで、トマト銀行笠岡支店のあるロータリーにある。

坂本@笠岡市 坂本@笠岡市

坂本@笠岡市

店の外観は古めかしくいかにも老舗というたたまいだ。
しかも目立つ看板もなく、ぱっと見だと気付かずに通り過ぎてしまいそう。

坂本@笠岡市

ちょうどトマト銀行笠岡支店の向かいになる。

このトマト銀行笠岡支店付近はかつて笠岡ラーメンの本家といわれる伝説のお店『斉藤』があったところ。
その弟子筋のお店がその向かいに今あるのだ。

笠岡商工会議所や坂本の店主から、斉藤と坂本に師弟関係はなく、また斉藤以前から笠岡ラーメンは存在したと聞いたので、訂正。

店内のようす

坂本@笠岡市

店内は外観から想像したよりは広いと感じたが、実際はそこまで広くない。

テーブル席とテーブル席の間が広いためそう感じるのか。

店内も外観同様に古めかしい雰囲気。
いや雰囲気だけでなく、実際にテーブルやイスは古い。

特に全席が錆び付いたパイプイスとなっている。

席は調理場前にカウンターで3席ほど、あとはテーブルが4〜5席だったかな?
人気店の上近くに企業・役所が多いため、昼食時だけでなくその前後の時間から客が次々と訪れはじめる。

そのため相席は必至。

料金はおどろきの「自分精算」

坂本@笠岡市

最後に会計システムが独特なので紹介しよう。

店側が「勝手に精算機」と名付けている。
要はお客が自分で料金を払い、お釣りが必要なら自分で計算して取って帰るというもの。

この「テキトーさ」がなんとも心地よい。

実は倉敷市水島エリアにある『百万両』という老舗ラーメン店も類似のシステムを取っている。

そちらをすでに知っている自分としては、それほど驚きはなかったが、百万両意外にも同様のシステムのお店があったのはちょっとうれしい。

なお百万両はお金が無造作にカウンター上に置かれているが、坂本はちゃんとお金の種類ごとに整理されている分、坂本の方が機能的だ。

 

なお駐車場はない。車での来店時は向かいのトマト銀行笠岡支店内にあるコインパーキングか、近くのコインパーキングを利用することとなる。

コインパーキングは中国銀行笠岡市店内や笠岡駅構内などにもある。

笠岡駅から近く、井笠バスのバス停も近いので、公共交通機関の利用もよいだろう。

あとがき

坂本@笠岡市

老舗の上、元祖の味を継承しているだけあり、とても美味しい。本当に自然と完食してしまうような美味しさ。

笠岡ラーメン未経験の方は、ぜひ最初は笠岡ラーメンの基本系を知る意味でも坂本を訪れてみて欲しい。

笠岡商工会議所や坂本の店主から、斉藤と坂本に師弟関係はなく、また斉藤以前から笠岡ラーメンは存在したと聞いたので、訂正。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


▼こちらの記事もおすすめ

いではら@笠岡市【いではら】笠岡ラーメンの名店の味を継承!誕生日は半額に!(笠岡市笠岡)おっつぁん@笠岡市【おっつぁん】市場内にある行きやすい笠岡ラーメン店。小学生未満は入店不可!(笠岡市十一番町)ラーメン司@笠岡【司】座敷ありで主要道沿いの笠岡ラーメン店。小さな子供連れで行きやすい!(笠岡市笠岡)笠岡ラーメンの食べられる店【笠岡ラーメン】人気店パーフェクトガイド!地元民おすすめ店一覧(マップ付き)

店舗情報

店名 坂本
所在地 笠岡市中央町34-9
営業時間 9:30~14:30頃
※スープがなくなり次第終了
定休日 日曜日、木曜日、祝日
電話番号 0865-63-6454
禁煙状況 (室内完全禁煙)
駐車場 無し

 

注意
2019年10月時点での情報です。