【杏】町家を改装したデミカツ丼・えびめしなど岡山名物を楽しめるカフェ(倉敷市本町 美観地区)

杏:エビフライえびめし

カフェレスト 杏 (あんず)』は、岡山県南西部の街・倉敷市の中心部、倉敷美観地区にあるカフェだ。

杏は、町家を改装した趣のある店舗で、店内は広い印象の空間。

さらに美観地区界隈ではめずらしい、岡山名物のデミカツ丼やえびめしが楽しめる店でもある。
それ以外にも、フードからデザートまで豊富なメニューがそろうのも特徴だ。

食事から休憩まで利用できる、杏について紹介しよう。

注意
2019年7月時点での情報です。

杏の概要

杏:外観

店名 杏 (あんず)
所在地 岡山県倉敷市本町5-6
営業時間 10:00〜17:30
※夜は予約のみ
定休日 不定休
電話番号 086-422-2046
禁煙状況 非禁煙(分煙)
駐車場 無し
HP お茶とお食事の店 カフェレスト杏(倉敷本町)
SNS
備考

杏のメニュー

杏のメニューは、かなり豊富だ。

以下のメニュー表を見て欲しい。

杏:メニュー

岡山名物のデミカツ丼えびめしなどのほか、さまざまなメニューがそろっている。

中でもデミカツ丼が一番の看板メニューのもよう。

杏:メニュー 杏:メニュー

石焼メニューも人気のようだ。

石焼きには、たこめしカレービビンバがある。
倉敷市児島地区の郷土料理でもあるたこめしの石焼きは気になる。

杏:メニュー

杏:メニュー

うどんそばも何種類かあった。

杏:メニュー

デザート類も充実していた。

杏:メニュー

デザートの中では、わらび餅が売りのようだ。

杏:メニュー

ドリンクには、アルコール類も。

杏:メニュー

店頭にはおすすめメニューが掲示されている。

杏:メニュー

やはりデミカツ丼が一番のおすすめのようだ。

杏:メニュー

カツカレー

杏:カツカレー

カレー好きとしては、『カツカレー』をまず食べてみたい。

杏:カツカレー

器も盛り付けもきれいで、美味しそうだ。

杏:カツカレー

杏のカレーのルーは、洋食煮込み系のルー。
粘りは強めだ。

杏:カツカレーのルー

ルーは赤身がかった茶色。

具材は細切れの肉。
タマネギなどは煮込んでとろけていると思われる。

杏:カツカレーのルー

甘みと塩辛さが印象的なコクのあるルー。
ピリ辛さは控えめだが、後から少しだけピリからさが来る。

杏:カツカレーのトンカツ

つづいてトンカツを味わう。

杏:カツカレーのトンカツ

トンカツは衣のパン粉は細か目で、とてもサクッとし、とても香ばしい。

杏:カツカレーのトンカツ

肉は厚め、赤身が中心で、しっかりした食感。

杏:カツカレーのトンカツ

デミカツ丼が看板なだけに、トンカツはうまい。

杏:カツカレーのライス

トンカツ、とてもおいしかったので、次はぜひデミカツ丼を食べてみたいと思った。

杏:カツカレーのサラダ

なお、カツカレーはサラダ付きだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

えびめし

杏:エビフライえびめし

えびめしには、サラダとワカメスープ、デザート(フルーツ)が付く。

エビフライえびめし』を注文してみた。

岡山名物【えびめし】人気店・有名店の一覧!地元民がおすすめの店を紹介

杏:エビフライえびめし

えびめしにエビフライをトッピングするという発想がおもしろい。

杏:エビフライえびめし

一般的なえびめしには、錦糸玉子か刻みゆで玉子がトッピングされるが、杏では4分の1カットのゆで玉子が2切れトッピングされる。
これはめずらしい。

杏:エビフライえびめしのライス

えびめしのごはんは、薄茶色。
えびめしの割には、かなり薄めの色だ。

食べてみると味もうすめで、ほんのりカレー風味。

正直、えびめしっぽくない。
カレー焼き飯っぽい感じだ。
これは、えびめしではないだろう。

なお、具材は細かく刻んだピーマン、ニンジン、タマネギなどで、やや少なめ。

杏:エビフライえびめしのライス

えびめしのエビは小さめで、量は少なめだった。

杏:エビフライえびめしのゆで玉子

上に乗るゆで玉子4分の1×2には、刻みパセリがかかっている。

杏:エビフライえびめしのエビフライ

エビフライはiPhone半分くらいの長さのが2つ。
少量のタルタルソースがかかる。

杏:エビフライえびめしのエビフライ

エビフライは衣薄め、パン粉はやや大きめで、サクサクとしている。

エビの身は肉厚。
そんなに大きなエビではないが、プリッとした食感。

杏:エビフライえびめしのすまし汁

えびめしは、洋食とされることが多いが、すまし汁がセットで付いてくるのは意外。

これはこれでおいししい。

杏:エビフライえびめしのサラダ

セットのミニサラダ。

杏:エビフライえびめしのオレンジ

デザートにオレンジが付いていた。

店内のようす:町家を改装した風情のある店舗

杏:店内のようす(カウンター席)

席は、厨房前にカウンターが5脚。

杏:店内のようす

壁側にもカウンターが6脚ある。

杏:店内のようす(座敷)

さらに、奥に6人掛け座敷が1つ。

杏:店内のようす(座敷)

また、4人掛け座敷がひとつ。
ほかにも、2人掛けテーブルが1卓ある。

杏:店内のようす

杏は、町家を改装した店で、梁などがそのまま残る。

杏:店内のようす

なかなか趣のある空間で、天井は吹き抜けとなっていて開放感もある。

杏の外観

杏:外観

杏は町家を改装した店舗だ。

だから、外観も町家の雰囲気が残る。

杏:外観

杏の向かって右隣には、運営が同じ『手焼きせんべい 杏』がある。

杏:外観

営業中は、店頭にメニュー看板が立てられているので、目印になる。

杏の場所・行き方

杏:店頭のようす

杏は、倉敷美観地区の中心的なエリアである倉敷川畔の東にある。
場所は「記念日通り」という道沿い。

記念日通りは、鶴形山の南麓を東西に走る「本町通り」から南にのびる、アイビースクエアの西入口がある通りだ。

杏は、ちょうどアイビースクエア入口の斜め前にあたる。

上記画像は、記念日通りの杏の付近を北側から南に向いて見たところ。

倉敷美観地区倉敷 〜 海上交通の拠点から、内陸の物資集散地として繁栄。その地名由来は?

杏:店頭のようす

上記画像は、記念日通りの杏の付近を南側から来たに向いたところ。

さいごに

杏:看板

杏は、美観地区の中心である倉敷川畔に近く、食事からちょっとした休憩までできる店だ。

しかも、美観地区界隈で岡山名物のデミカツ丼やえびめしが食べられる店も貴重。

個人的には、「えびめし」はちょっと「えびめし」らしくないのが気になるが、トンカツはなかなか美味しかった。

デミカツ丼を次は食べてみたい。

杏のイチオシポイント

  • 町家を改装した落ち着く空間
  • 美観地区界隈で貴重なデミカツ丼・えびめしの食べられる店
  • 食事からデザートまで豊富なメニュー

近くのおすすめの店

Koba coffee @ 倉敷美観地区【KOBA COFFEE】倉敷美観地区〜倉敷川畔の古民家喫茶。落ち着いた雰囲気でくつろげる!亀遊亭@倉敷美観地区【亀遊亭】築100年の古民家レストラン!カレーとステーキがおすすめ(倉敷市美観地区)TAKU@倉敷・船倉町【TAKU】美観地区隣接の広島お好み焼きとカレーの店!ホルモンうどんや蒜山焼きそばも人気(倉敷市船倉町)

こちらの記事もおすすめ

倉敷中心部〜美観地区おすすめカレー一覧【倉敷中心部・美観地区】おすすめカレー一覧!地元のカレー好きが人気店を紹介!岡山名物【えびめし】人気店・有名店の一覧!地元民がおすすめの店を紹介倉敷美観地区倉敷 〜 海上交通の拠点から、内陸の物資集散地として繁栄。その地名由来は?

店舗情報

店名 杏 (あんず)
所在地 岡山県倉敷市本町5-6
営業時間 10:00〜17:30 ※夜は予約のみ
定休日 不定休
電話番号 086-422-2046
禁煙状況 非禁煙(分煙)
駐車場 無し
HP お茶とお食事の店 カフェレスト杏(倉敷本町)
SNS
備考

注意
2019年7月時点での情報です。