【龍】笠岡市吉浜〜笠岡ラーメンが500円から食べられる!

龍 @ 笠岡

岡山県最西南に位置する笠岡市。

その笠岡市のご当地ラーメンが『笠岡ラーメン』。

醤油スープ、鶏ガラベースの出汁、中太ストレート麺、そして最大の特徴である「カシワ (ヒネ鶏と呼ばれる排卵を終えた鶏)」のスライス。

市内西部の郊外にある『』は、笠岡ラーメンの中では有名店ではないかもしれないが、いろいろとお得なお店だ。

 

2017年12月時点での情報です。

独自アレンジの笠岡ラーメンと尾道ラーメンがメインメニュー

龍 @ 笠岡
龍は、笠岡市西部の郊外にある。
金浦という地区の一角で、広域農道沿いに立地。周囲は田畑と集落という場所だ。
そのまま数百メートル西進し坂道を登ると、『坂本』と並ぶ笠岡ラーメンの人気老舗店の『一久 (いっきゅう)』がある。

龍 @ 笠岡 龍 @ 笠岡

国道2号線の抜け道でもあり、車通りも多く、直線道路のため行きやすい場所だ。しかし、すぐ近くに人気店があることから、ついそちらに意識がいってしまい、見過ごしてしまう。
以前、龍があった場所には別のラーメン店があったが、数年前に龍に変わった。

龍 @ 笠岡

龍 @ 笠岡

駐車場は広く、車の出し入れもしやすい。
外観はやや古めな印象だ。
しかし店内は改装されているため、意外と古くは感じない。

龍 @ 笠岡 龍 @ 笠岡龍 @ 笠岡

店内は入口に入ってすぐ左手に5人掛けテーブル。

入口正面から右奥に向かってカウンター席が並び、その向こうに厨房。

カウンター席の後ろ側で、窓際に4人掛けテーブルが並んでいる。

 

スポンサーリンク


 

※ メニューはクリックで拡大

龍 @ 笠岡 龍 @ 笠岡 龍 @ 笠岡

メインとなるラーメンは中華そばと尾道ラーメンの2種に加え、オリジナルの龍ラーメンというラインナップ。

中華そばと尾道ラーメンはそれぞれ肉系具材をカシワ豚チャーシューか選べる。

メニューに表記はないが、中華そばにカシワを乗せれば、笠岡ラーメンだ。

尾道ラーメンにもカシワが乗せられるのはおもしろく、貴重だ。

オリジナルの龍ラーメンはいわゆるスタミナ系。ニンニク入りモヤシ炒めが乗っている。

辛い『赤』と辛くない『白』の2タイプがある。

しかし、メニューの一番上が尾道ラーメンになっているといことは、尾道の方が自信があるのだろうか。

龍 @ 笠岡

やはり笠岡ラーメンは外せない。

注文したのは、笠岡ラーメン(中華そばのカシワ乗せ)の半チャーハンセット。

龍 @ 笠岡龍 @ 笠岡龍 @ 笠岡 龍 @ 笠岡

スープは一般的な笠岡ラーメンと同じ醤油スープだ。

特徴的なのは、尾道ラーメンと同じように豚の背脂が入っている点。

尾道ラーメンほどたくさん入っておらず、ほんの少し入っているだけだが、一般的な笠岡ラーメンには背脂は一切入らないので、少しの量でも特徴的になる。

龍 @ 笠岡

もうひとつ特徴的なのが、カシワ。

一般的な笠岡ラーメンに入るカシワはスライスだ。

だが龍のカシワはとても厚い。

だからとても歯ごたえが感じられ、食べ応えがある。

これはかなりお得な感じ。

龍 @ 笠岡

麺は中太ストレート。これはほかの笠岡ラーメンと同様だ。

なお麺の固さは注文時に選べる。

龍 @ 笠岡

替え玉も可能。半玉での注文もできる。

麺にはタレが少しかかっている。

おわりに

1杯500円というリーズナブルな価格から食べられ、ラーメンのクオリティもなかなかのもの。

しかも車で行きやすい立地で、駐車場も広い。

こうした条件のため、昼間は営業マンやタクシーやトラックの運転手、外回りの作業系の職業の方などが多く来店し、すぐに満席に。場合によっては、待たなければならないようだ。

テーブル席もあり、狭くもないので子連れ客にもおすすめ。

笠岡ラーメン店は子連れで行きにくいも店も多いので、貴重な店舗だ。

 

店舗情報

店名
所在地 笠岡市吉浜85-3
営業時間 平日 11:00~15:00、17:00〜21:00
日曜・祝日 11:00〜20:00
定休日 月曜日、第2日曜日
電話番号 0865-66-3310
駐車場 有り
禁煙状況 (室内完全禁煙)

 

 

2017年12月時点での情報です。