【しんたく】福山北部を代表する本格派尾道系ラーメン!(福山市神辺町)

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

広島県の最南東端の街・福山市。
市内北部の神辺町(かんなべちょう)、幹線道路沿線に注目のラーメン店がある。

それが『中華そば しんたく』。

尾道ラーメンがメインの店だ。

しんたくがあるのは、福山市北部の神辺町、国道486号沿いにある小さなショッピングモール「サンキューランド」の一角。
大型ショッピングセンターの「フジグラン神辺」の北東にあたる。

福山北部の尾道ラーメンの店・しんたくには、以下のようなポイントがある。

  • スタンダードながら高レベルな尾道ラーメン
  • ブタの背脂はプリップリの食感で、背脂の甘みと適度な味付けで、背脂単体でもうまい
  • テーブル席もあり、スペースにゆとりがあるので子連れでも行きやすい
  • 駐車場が広く豊富
  • 朱華園と似た雰囲気のラーメンが福山北部で味わえる

福山北部のイチオシ尾道ラーメン店「しんたく」を紹介!

注意
2020年(令和2年)1月時点での情報です。

しんたくの営業時間・定休日・店舗情報など

しんたく:外観
店名 中華そば しんたく
所在地 広島県福山市神辺町十九軒屋253-2 (サンキューランド内)
営業時間 11:00~19:00
定休日 木曜
第3水曜
電話番号 084-966-3525
厨房前カウンター×7
6人がけテーブル席×2
4人がけテーブル席×2
禁煙状況 禁煙
駐車場 有り
HP
SNS
備考

しんたくのメニューは「中華そば(尾道系)」「焼きそば」「ギョウザ」がメイン

しんたく:メニュー

メニューは尾道ラーメン(中華そば)。それとそこにチャーシューが大盛になったチャーシューメン
それぞれに並と大盛がある。

サイドメニューとしてライスギョウザ

あと、気になるメニューとして、焼そばがある。
まだ食べたことがないのですが、次回来店したときには、ぜひ食べてみたい!

中華そば(尾道ラーメン)と焼きそがある点など、尾道の朱華園を彷彿とさせる。

しんたくの「中華そば」はスタンダードな尾道系醤油ラーメン

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

中華そばの並盛を注文。
いわゆる「尾道ラーメン」だ。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

見た目は尾道の名店・朱華園に似ている。
ひじょうにスタンダードなスタイルの尾道ラーメン。

茶色いスープに大粒のブタの背脂がたくさん浮く。
具材は、大きめのチャーシュー一枚にメンマ、ネギとシンプル。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

スープは濃いめの茶色だが、クリアな印象だ。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

スープの温度は高めでアツアツ。

醤油のグッとくるストレートな味わいだ。
この味わいも朱華園に似ている気がする。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

尾道ラーメンの象徴ともいえるブタの背脂は、大きめのものを中心にたくさん入っている。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

やや黄色っぽくプリップリの食感で、脂身の甘味がしっかり。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

食感も味わいもしっかりしていて、背脂だけつまんで食べてもおいしい。
備後界隈の尾道ラーメンの背脂では、朱華園と並んでしんたくのが私は一番好きかも。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

麺は、尾道ラーメンでときどき見かける平打ちストレート麺。
これも朱華園と同じだ。

固さは、デフォルトでやや固めな印象。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

チャーシューは、大きくて薄めのものが一枚。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

赤身がメインで、端に少し脂身がある。
味付けはあっさりしていて、肉の味を楽しめるタイプのチャーシューだ。

しんたく:中華そば(尾道ラーメン)並盛

メンマは、ほどよき大きさのが数本。
味付けもほどよく、コリリとしたメンマらしい食感だ。

 

しんたくの尾道ラーメンは、本場・尾道の尾道系ラーメン代表格である名店「朱華園」を彷彿とさせる見た目だと感じた。
朱華園と関係があるのか、あるいは朱華園へのリスペクトから生まれたものなのか。

Info
朱華園は2019年6月で、本店は無期限休業、松永店は閉鎖となっている。翌年3月、本店も正式に閉鎖

「ギョウザ」は6個で香ばしい

しんたく ギョウザ

ギョウザは焼きギョウザで、6ヶ。
とても香ばしかった。

店内のようす・席など

しんたく:店内のようす

しんたくの店内は清潔感ある明るい雰囲気。

上記写真は、入口から撮影したものだが、写真に写っていない写真左方向(入口から左方向)にもスペースがあり、4人がけのテーブル席が2卓ある。

しんたく:店内のようす

6人がけのテーブル席も2卓。
テーブルも大きめだが、席間のスペースにもゆとりがある。

なお、子供用のイスもあった。

しんたく:店内のようす

厨房の前にはカウンター席が7脚。

しんたく:卓上

卓上には、定番のコショウ、ギョウザのタレ、ラー油のほか、焼きそばのタレもあった。

しんたくの外観・所在地など

しんたく:外観

しんたくは、「サンキューランド」という小規模な複合商業施設の中にある。
国道486号線沿いで、道路の北側に面する。

ちょうど大型ショッピングセンターの「フジグラン神辺」の北東に位置している。

しんたく:外観

しんたくは、複合商業施設の建物の南側、つまり国道に面した場所にある。

しんたく:サンキューランド南側

しんたくの店の前に数台分の駐車スペースがある。

しんたく:サンキューランド駐車場

しかも、しんたくの店の前以外にも、サンキューランドには多くの駐車場があるので、駐車場所がないということはないだろう。

サンキューランドの建物の西側に広大な駐車場がある。

しんたく:外観

上記は、東(井原方面)からしんたくを見たところ。

なお車で東から来た場合、中央分離帯があるのでサンキューランドへは入れない。

しんたく:外観

西(府中方面)から来た場合は、上記のような柵にある看板を目印に。
また、サンキューランドの大きな看板も出ている。

なお上記写真の奥に見えるように、サンキューランドの1件東には、極とんラーメンがある。

しんたくのイチオシポイント

しんたく:外観

  • スタンダードながら高レベルな尾道ラーメン
  • ブタの背脂はプリップリの食感で、背脂の甘みと適度な味付けで、背脂単体でもうまい
  • テーブル席もあり、スペースにゆとりがあるので子連れでも行きやすい
  • 駐車場が広く豊富
  • 朱華園と似た雰囲気のラーメンが福山北部で味わえる

しんたくのラーメンは、万人向けのおいしいラーメンといえるだろう。
しかもテーブル席があり、席間も広めなので子供連れでも行きやすいのもポイント。
子供用食器や子供用のイスもある。

福山市北部に尾道系ラーメン店が少ないというのもあるかもしれないが、それ以外のラーメンも含めても「しんたく」は非常に満足できる店だと感じた。

福山市は尾道ラーメンの本場・尾道の東隣にあたるので、市内には尾道系統のラーメン店は多い。

しかし、そんな市内でも神辺町など福山市北部には尾道系のラーメン店が少ない。
もともと2005年の編入合併までは、神辺は独立した町だったというのもあるのだろうか。

北部に尾道系が少ないためか、しんたくはとてもお客さんが多い。
立地が良いのもあるだろうか。

11時の開店直後に訪れたのだが、そのときからぞくぞくとお客さんが。
もちろん、ご飯時には満員に。

そのため、行くときは時間をかなりずらして来店するのがおすすめ。

ちなみに福山市神辺町の国道486号 十九軒屋北交差点付近は人気ラーメン店が数点存在している。
当店のほか、極とん神辺店、志堂、陽気、ふみ家など。

いずれも、個性的で特徴の異なる個性ある店なので、住み分けは出来そうな感じだ。

店舗情報

店名 中華そば しんたく
所在地 広島県福山市神辺町十九軒屋253-2 (サンキューランド内)
営業時間 11:00~19:00
定休日 木曜
第3水曜
電話番号 084-966-3525
厨房前カウンター×7
6人がけテーブル席×2
4人がけテーブル席×2
禁煙状況 禁煙
駐車場 有り
HP
SNS
備考


注意
2020年(令和2年)1月時点での情報です。

近くのおすすめの店

陽気 福山店:ラーメン(中華そば)【陽気】広島の名店の暖簾分け!福山で本場の広島ラーメンが味わえる老舗(福山市駅家町)ふみ家:醤油ラーメン【ふみ家】福山初の横浜家系ラーメン!醤油・塩・味噌があって油や味の濃さが調整可(福山市駅家町)極とんラーメン:極とんラーメン【極とんラーメンとん匠】福山屈指の豚骨チェーン。ほんのり甘いスープとピリ辛高菜!ファミリーや学生に人気笠北:笠岡ラーメン 大盛り【笠北】メニューは笠岡ラーメン一本勝負!井原中心部にある名店(井原市井原町)ソウモクコーヒー・ブランジェリー・ブラッスリー・フジワラ:キッシュプレート【ソウモクコーヒー ブランジェリー ブラッスリー フジワラ】ハード系パンと珈琲のカフェ(福山市加茂)服部屋:肉めし【服部屋】福山のソウルフード・肉めし、串(関東煮)が名物の老舗大衆食堂。甘い味がクセに(福山市御幸町)北山カレー工房:トマトとチーズのチキンカレーのチーズ【北山カリー工房】眺めが最高の山上にある隠れ家的カレー店。こだわりのカレーが楽しめる(福山市広瀬)