【ブギー(Boogie)】岡山市で個性的な笠岡ラーメンが食べられる店!塩味やデミカツ丼もあり(岡山市今)

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

岡山県には笠岡市の「笠岡ラーメン」というご当地ラーメンがある。
しかし、笠岡市は岡山県の南西端にある。

しかも笠岡ラーメンはかなりローカル色の強いご当地ラーメン。
笠岡市や近隣エリア以外では、あまり食べられない。

そのため、県庁所在地の岡山市であっても、笠岡ラーメンはかなり貴重だ。
(なお、2019年後半に、岡山中心部にも笠岡ラーメンの店「ふじ井」ができた)。

そんななか、本格的な笠岡ラーメンを看板としたラーメン店が、2019年3月に岡山市郊外の今地区に登場。

それが『らぁ麺 ブギー (Boogie)』だ。

気になるブギーのポイントは、以下のとおり。

  • カシワの煮鶏、斜め切りのネギ、メンマといった具材が大きい
  • カシワの煮鶏の量も多め
  • 本場と比較しても遜色のない鶏ガラ風味の醤油スープ
  • 醤油のほかに塩味の笠岡ラーメンもある
  • 岡山名物のデミカツ丼もある
  • 岡山郊外で本格的な笠岡ラーメンが食べられる
  • おしゃれな雰囲気で、席間にゆとりのある店内で家族連れでも行きやすい

笠岡から離れた岡山市内で、笠岡ラーメンはちゃんとしているのか心配かもしれない。
実際に食べてみると、実においしいと思ったラーメンだった。

そんならぁ麺 ブギー (Boogie)を紹介しよう。

注意
2019年5月時点での情報です。

ブギーの営業時間・定休日・店舗情報など

ブギー:外観

店名 らぁ麺 ブギー (Boogie)
所在地 岡山県岡山市北区今一丁目12-28
営業時間 11:00~15:00、17:00~20:00
定休日 火曜
電話番号 086-250-0038
禁煙状況 店内完全禁煙
駐車場 有り
HP らぁ麺ブギー | 岡山市北区今にあるこだわり笠岡ラーメンのお店
SNS Facebook
備考

ブギーのメニュー

ブギー:メニュー

ブギーは、事前に食券を購入するスタイル。

もちろん、メインは笠岡ラーメンなのだが、基本の醤油味のほか、塩味の笠岡ラーメンがあるのは注目ポイントだろう。

笠岡ラーメンの食べられる店【笠岡ラーメン】人気店パーフェクトガイド!地元民おすすめ店一覧(マップ付き)

塩味の笠岡ラーメンはかなりレアで、ここ以外では鴨方の「晴レ」という店がある。
その後、笠岡市北部郊外にある「鶴亀」でも数量限定メニューとして提供している。

【麺屋 晴レ】醤油味のほか塩味の笠岡ラーメンも楽しめる二枚看板の人気店。歴史的麺処に所在(鴨方町小坂)鶴亀:中華そば(笠岡ラーメン) 大【鶴亀】笠岡北部の笠岡ラーメンの穴場的な名店。塩味の笠岡ラーメンもあり(笠岡市吉田)

そんな貴重な塩味の笠岡ラーメンが、岡山市内で食べられるのはうれしい点だ。
といっても、私は醤油のほうが好きだが。

もうひとつの注目点は、岡山名物のデミカツ丼もラインナップしていること。
ラーメンといっしょとなると、なかなかのボリュームだ。

岡山市内では、ときどきラーメン店にデミカツ丼を置いているのを見かけるが、笠岡ラーメンとも組み合わせるとは。

なお、デミカツ丼のほかに、カシワ肉をつかった丼もののカシワチャーシュー丼と、中華風ブギーライスというオリジナルメニューもあった。
それぞれ、醤油・塩ラーメンとのセットと、単品がある。

さらに、夏季限定メニューの「冷やしラーメン」も。
こちらにも、笠岡ラーメンと同じカシワの煮鶏が入っているように見える。

ラーメンには1玉分の並盛と、1.5玉分の大盛があった。

「笠岡ラーメン」は具材大きめ!本場に負けず劣らずの醤油スープ

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

ここは、やはり基本形の醤油味の笠岡ラーメン(1玉)を注文。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

第一印象は、カシワの煮鶏・ネギ・メンマの具材が大きいということ。
また、カシワには皮がしっかりと付いているのがわかる。

しかも、盛り付け方も美しい。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

スープは、やや透明感のある濃いめのきれいな茶色。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

スープは一口入れた瞬間、鳥の旨味が一気に広がり、さらに甘みが強めの甘辛味がくる。
油が結構浮いているのでしつこいかと思ったが、意外にそこまでしつこくなかった。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

カシワの煮鶏は、やや薄めだが大ぶり。
そして、カシワがたくさんきれいに並ぶ。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

色は薄い茶色で、ところどころ赤みがかる。

ブギーのカシワ肉には、皮がしっかりと付いているのが印象的だ。
皮は肌色っぽい色をしている。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

カシワはの食感は、意外にも柔らかめ。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

カシワっぽくないが、逆にカシワが苦手な人にはいいだろう。
いっぽう、「シワい」かみごたえ、カシワらしい食感を求める人は向かないかも。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

また、カシワの色も薄めなぶん、味付けもアッサリ。
よく、醤油風味の味付けがしっかりと染みこんでいたりするが、ブギーでは味付けは薄めな印象だ。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

麺は中太ストレート。
とてもきれいに盛りつけられている。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

デフォルトでやや硬めの麺。
私は、これくらいの食感の麺が好きだ。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

数本入っているメンマも、大きめ。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

ネギは、長めの斜め切りが多めに入る。
ネギも大きめで多いのはいい。

ブギー:笠岡ラーメン 醤油

しかも、ネギはシャキッとしていておいしい。

笠岡ラーメンでは、伝説的な名店の「斉藤」の影響なのか、斜め切りの青ネギをときどき見かける。
ブギーもそれを意識しているのかもしれない。

なお、ネギの斜め切りは笠岡ラーメンの絶対条件ではないので、一般的な輪切りの刻みネギの店もけっこうある。

「替え玉」はカシワ肉の細切れ付きでちょっとお得!

ブギー:替え玉

ブギーでは、笠岡ラーメンではめずらしい替え玉もできる。
ただし、替え玉は食券を買わないといけない。

ブギー:替え玉

替え玉にはカシワの細切れつき。
ちょっとしたことだが、お得な気分だ。

なお、替え玉は1玉と半玉がある。

店内のようす

ブギー:店内

ブギーの店内は、木の雰囲気が印象的でおしゃれな感じだ。
カフェのよう。

ブギー:店内

厨房前にカウンターが5脚ある。

ブギー:店内

また、窓側に6人がけのテーブル席が3卓ある。

子供用椅子1脚あり、子供用取り皿・食器もあった。

席と席のあいだのスペースにもゆとりがあるので、小さな子供連れでも行きやすそうだ。

ブギー:卓上

卓上には、黒コショウのほか、一味トウガラシと七味トウガラシ、ラーメン用の醤油ダレがあった。

ブギーの外観・所在地・駐車場など

ブギー:外観

ブギーの外観もおしゃれな印象だが、店内とはちがったシックな雰囲気だ。

ブギー:外観

店の前に3台分の駐車場がある。

なお、第二駐車場も完備されている(後述)。

ブギー:外観

笠岡ラーメンについて解説された垂れ幕。

ブギー:外観

ブギーを運営しているのは、美容院「ブルーム」を展開するブルーム・グループ。

ブルーム・グループは、実は「花ざかり」というラーメン店も展開している。
その花ざかりの姉妹店として登場したのが、笠岡ラーメンのブギーだそう。

そのため、ブギーは花ざかりの大野辻店の敷地内にある。

大野辻交差点大野辻(岡山市北区) 〜 住所表記からは消滅。しかし、いまだ生き続ける地名!

ブギー:外観

ブギーと花ざかり大野辻店の位置関係。
向かって左がブギー、右の赤い垂れ幕がある店が花ざかり。

ブギー:外観

ブギーには第二駐車場も完備されている。

ブギー&花ざかりの敷地の向かって右隣(東側)の砂利の敷地が第二駐車場だ。

ブギー:第二駐車場

第二駐車場はけっこう車が停められる。

ブギー:店内

なお、ブギーは旧国道2号線の一本南側の筋にある。
大野辻交差点を南に折れてすぐ東に入る。

ちょうどコープ大野辻店の北向かいになるので、わかりやすいだろう。

ブギーのイチオシポイント

  • カシワの煮鶏、斜め切りのネギ、メンマといった具材が大きい
  • カシワの煮鶏の量も多め
  • 本場と比較しても遜色のない鶏ガラ風味の醤油スープ
  • 醤油のほかに塩味の笠岡ラーメンもある
  • 岡山名物のデミカツ丼もある
  • 岡山郊外で本格的な笠岡ラーメンが食べられる
  • おしゃれな雰囲気で、席間にゆとりのある店内で家族連れでも行きやすい

岡山で本格的な笠岡ラーメンをレギュラーで出す店が登場したと聞き、前々から行きたかったのだが、やっと行くことができた。

具材も大きめで、レアな塩味もあり、しかも岡山名物のデミカツ丼もあるなど、ぜひ次も行きたくなる店だと思った。

店内はおしゃれな雰囲気のうえ、テーブル席もあるので、子供連れでも行きやすい。

幹線道路沿いにあり、第二駐車場もあるのなど、アクセスしやすいのも利点。
北長瀬の駅も近いので、公共交通機関でも行けなくはない。

店舗情報

店名 らぁ麺 ブギー (Boogie)
所在地 岡山県岡山市北区今一丁目12-28
営業時間 11:00~15:00、17:00~20:00
定休日 火曜
電話番号 086-250-0038
禁煙状況 店内完全禁煙
駐車場 有り
HP らぁ麺ブギー | 岡山市北区今にあるこだわり笠岡ラーメンのお店
SNS Facebook
備考

注意
2019年(令和元年)5月時点での情報です。

こちらの記事もおすすめ

ふじ井:中華そば(笠岡ラーメン)【ふじ井】岡山中心部で本場の味の笠岡ラーメンが味わえる!(岡山市内山下)ちゃちゃぶー:かけうどんに薬味などを投入【ちゃちゃぶー】豚蒲重も楽しめる完全セルフうどん。幼児はうどん無料!座敷・テーブルも多い(岡山市今)笠岡ラーメンの食べられる店【笠岡ラーメン】人気店パーフェクトガイド!地元民おすすめ店一覧(マップ付き)大野辻交差点大野辻(岡山市北区) 〜 住所表記からは消滅。しかし、いまだ生き続ける地名!