【黒べぇさん】ステーキ丼の専門店!数種類のステーキ丼とステーキ定食が楽しめる(福山市本庄)

黒べぇさん:ステーキ丼

黒べぇさん』は、ステーキ丼が名物で人気の店だ。

しかもステーキ丼は通常のもののほかに肉・焼き方を変えているカリカリステーキ丼、さらに両方食べられるコンビステーキ丼もある。

さらに丼だけでなく定食もあり、さらに丼の定食までも。

そんな黒べぇさんの魅力は、以下のような点だ。

ポイント
  • 肉のうま味と弾力、香ばしさが楽しめるステーキ丼ステーキ定食
  • ステーキ丼のごはんはフライドオニオン入りで食感と香ばしさがいい
  • カリカリとした食感と脂身の甘味も楽しめるカリカリステーキ丼カリカリステーキ定食
  • 通常のステーキとカリカリステーキが同時に楽しめるコンビステーキ丼コンビステーキ定食
  • 牛スジがゴロッと入ったカレーパン
  • 持ち帰りメニューも充実
  • 座敷もあるので、子連れでもOK

ステーキ丼が人気の黒べぇさんについて紹介しよう。

注意
2021年(令和3年)1月時点での情報です

黒べぇさんの営業時間・定休日・店舗情報など

黒べぇさん:外観
店名 黒べぇさん 本庄店
所在地 福山市南本庄町一丁目9-21
営業時間 平日 11:00~14:00、17:00~22:00
土日祝日 11:00~14:00、17:30~22:00
定休日 月曜
電話番号 084-925-5517
カウンター×7脚
4人がけテーブル席×3卓
禁煙状況 禁煙
駐車場 有り
HP ステーキ丼専門店 黒べぇさん
SNS
備考

なお、以前は手城町に「手城店」があったが、2021年6月に海鮮塩ラーメンの店に衣替えした。
店員によれば、ラーメン店でもサイドメニューでステーキ丼の一部が注文できるとのこと。

黒べぇさんのメニュー

黒べぇさん:メニュー

黒べぇさんは、ステーキ丼を売りにした店なので、当然看板のメニューはステーキ丼。

そしてフードのメニュー構成は、大きくわけると以下のようになる。

  • 丼定食
  • 定食
  • その他の料理・一品もの
黒べぇさん:メニュー

丼系は、通常のステーキ丼のほか、数種類のステーキ丼がラインナップしている。

黒べぇさん:メニュー

丼系のほか、丼を定食化できる丼定食もある。

どの丼にも定食が設定されていた。

黒べぇさん:メニュー

ステーキ丼系以外では、ガーリックみそホルモン丼があった。

もちろん、ガーリックみそホルモン丼も定食がある。

黒べぇさん:メニュー

さらに定食メニューもある。

定食は、各丼の上の部分をおかずにしたもの(ガーリックみそホルモン丼のぞく)。

ほかに焼サバ定食もあった。

黒べぇさん:メニュー

一品料理もたくさんある。

上記は、ホルモンのから揚げ。

黒べぇさん:メニュー

なんと、カレーパンまである。
カレーパンはチーズ入りも。

黒べぇさん:メニュー

焼肉もあった。

びっくり亭というのは、おそらく福岡の焼肉店だろう。
その焼肉をオマージュしたものということか。

黒べぇさん:メニュー

牛スジ入りのカレーもあって、気になる。

黒べぇさん:メニュー

夜に注文できる一品料理が充実。

飲みのツマミだ。

黒べぇさん:メニュー

こちらも飲みのツマミのハツ。

黒べぇさん:メニュー

おいしそうな牡蠣フライも。

黒べぇさん:メニュー

黒べぇさんでは、持ち帰りメニューも充実している。
もちろんステーキ丼も持ち帰り可能。

黒べぇさん:メニュー

牛鍋弁当というのも販売されている。

黒べぇさん:卓上

卓上にはフライドガーリックチップが置いてある。

ステーキ丼にはガーリックが入っていないので、ガーリックをプラスしたいときに利用したい。

おすすめのステーキ丼

「ステーキ丼」

黒べぇさん:ステーキ丼

看板メニューの「ステーキ丼」。

黒べぇさん:ステーキ丼

ステーキは適度な厚みにスライスされ、表面は見事な焦茶色だ。

黒べぇさん:ステーキ丼

ボリュームなかなかあって、食べごたえがありそう。

黒べぇさん:ステーキ丼

上には刻み大葉とフライドオニオンチップス。

黒べぇさん:ステーキ丼

ごはんにもフライドオニオンが混ざっていて、香ばしい風味とカリカリとした食感が混じっていい感じ。

ステーキ丼だとごはんはガーリックライスが多いと思うが、オニオンだと臭いを気にしなくていいのでうれしい。

黒べえさんのステーキ丼にはニンニクはいっさい使っていないとのこと。
会社員がランチで食べるときなどには助かる。

ニンニクが欲しいという場合は、卓上のフライドガーリックを散らそう。

黒べぇさん:ステーキ丼

黒べぇさん:ステーキ丼

肉は食べやすいサイズにスライスしたものがキレに並べられている。

黒べぇさん:ステーキ丼

そのままでもオニオン入りごはんがおいしく、ステーキの肉のモチモチとした弾力ある食感と香ばしさ、肉のうま味や甘味があるのでおいしい。

黒べぇさん:ステーキ丼

適度に焼かれて香ばしい表面。

黒べぇさん:ステーキ丼

中はキレイな紅色だ。
赤身がほとんどで、脂身はほぼない。

黒べぇさん:ステーキ丼

噛むたびに焼かれた香ばしさに、肉のうまみがジワジワと広がっていく。
そこでオニオンライスの風味と香ばしさが混じり、さらに甘めのタレの甘辛味、そしてワサビの刺激が追撃してくる。
そして、ときおりミツバの独特のさわやかな風味や、フライドオニオンのカリカリとして食感がアクセントになる。

黒べぇさん:ステーキ丼

別皿で醤油ダレとワサビがついているので、これをステーキ丼にかけて食べる。
醤油ダレは甘味があり、思ったよりしょっぱくない。

黒べぇさん:ステーキ丼

途中から醤油にワサビを溶かし入れてかけてみる。

黒べぇさん:ステーキ丼

少し多めにかけたかなと思ったが、食べてみると全然塩辛くなく、肉やごはんとあいまっておいしい味わいに。

黒べぇさん:ステーキ丼

またワサビも思ったより辛くなりすぎず、ちょうどよいピリ辛感。

黒べぇさん:ステーキ丼

残りのワサビ醤油を全部かけても、十分おいしかった。

途中で卓上のフライドガーリックを入れてみると、ニンニクの風味と香ばしさ、カリカリ感が加わってさらにおいしくなる。

黒べぇさん:ステーキ丼

ステーキ丼には漬物がつく。
内容はときどき変更になり、取材時はキュウリの浅漬けだった。

「ダブルステーキ丼」

黒べぇさん:ダブルステーキ丼

ダブルステーキ丼」も注文してみた。

黒べぇさん:ダブルステーキ丼

ダブルステーキ丼は、肉が通常のステーキ丼の倍入っている。

黒べぇさん:ダブルステーキ丼

通常のステーキ丼の場合は、ステーキは丼の半分側に肉が載り半分ごはんが見えるが、ダブルステーキ丼は丼が完全に肉で覆い尽くされる。

黒べぇさん:ダブルステーキ丼

ステーキ丼と同様に肉は表面は香ばしく、中はプニプニと弾力のある食感だ。

黒べぇさん:ダブルステーキ丼

表面は焦茶色の焦げ目。
中はレアっぽくきれいな紅色をしている。

肉のうえにはステーキ丼と同じように、ミツバとフライドオニオン。
ごはんもフライドオニオン入りだ。

またタレも同じく別皿で、添えられたワサビを好みでとき入れ、好みの量をステーキ丼にかける。

黒べぇさん:ダブルステーキ丼

この日の漬物は、刻みタクアン。

「カリカリステーキ丼定食」

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

同じステーキ丼でも少し味わいが異なるのが「カリカリステーキ丼」。

定食で注文してみる。

定食にすると、丼のほかにミニサラダ、小鉢2品、ミニうどん、味噌汁、ミニデザートがつく。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

ステーキ丼の肉が赤身メインなのに対し、カリカリステーキ丼は脂身の多めの希少部位を使用。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

その脂身多めの肉をカリカリにシッカリと焼いて、ごはんの上にタップリと載せている。
「カリカリステーキ」という名前は、そこから来ている。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

ステーキ丼と同じく、上には刻み大葉とフライドオニオンチップス。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

なお、タレ・ワサビもステーキ丼と同じように別皿。
醤油ダレはやや甘めでサッパリとした味わいだ。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

表面はカリカリに焼かれて香ばしく歯ごたえがあるが、中はモッチリ弾力のある食感。
肉の赤身の味わいが楽しめる。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

肉の香ばし風味と味わいに米の味わい、タレの甘辛さが辛み、三つ葉の食感とさわやかな風味、フライドオニオンのサクッとした食感と香ばしい風味がアクセントになって、箸が止まらない。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

赤身部分の中の方は、適度な紅色になっている。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

そして脂身部分は、また違った味わいを楽しめる。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

脂身部分は、柔らかさとほのかな甘味があっておいしい。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

ステーキ丼と異なる点は、ごはんが白米であること。

フライドオニオンチップなどは入っていない。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

カリカリステーキ丼は、ステーキ丼とまた違った味わいが楽しめる。

脂身が多いぶんやや脂っこさはあるが、甘味や食べごたえがあり、表面はカリカリに焼かれているので香ばしさも強めだ。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

定食で注文したので、丼のほかにもいろいろな料理がつく。

日替わりの小鉢は2種。
この日はヒジキとニンジンの煮物、パスタのサラダ。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

サラダは千切りキャベツが山盛り。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

味噌汁は小ぶりで、具は巻き麩、ワカメ、豆腐、ネギ。

ミニうどんやデザートについては、定食の項目で紹介しよう。

おすすめの定食

「ステーキ定食」

黒べえさん:ステーキ定食

ステーキ丼以外で人気なのが「ステーキ定食」だ。

黒べえさん:ステーキ定食

ステーキのほか、ごはん、豆腐、味噌汁、小鉢、ミニうどん、デザートと盛りだくさんな内容。

黒べえさん:ステーキ定食

メインとなるおかずのステーキ。

黒べえさん:ステーキ定食
おおnおなおなjおなじおなじnおなじおなお

同じ皿にタップリの千切りキャベツとレタス・ニンジンなどが盛りつけられているのもポイントだ。

黒べえさん:ステーキ定食

基本的にステーキは丼と同じものだが、カットの仕方が異なっている気がする。

黒べえさん:ステーキ定食

茶色い焼け目がおいしそうだ。
表面にはコショウがかかる。

黒べえさん:ステーキ定食

焼き加減はミディアムレア。
そのため、中はきれいな紅色をしている。

黒べえさん:ステーキ定食

食べるとモチモチとした食感。

黒べえさん:ステーキ定食

そして表面の香ばしさとコショウの風味、そして噛むたびにジワジワと肉のうま味が染みだしてくる。

黒べえさん:ステーキ定食

別皿には、ステーキ用のタレ。
表面に油が浮いているのがわかる。

黒べえさん:ステーキ定食

タレは、ステーキ丼のタレとは違うようだ。

甘塩っぱくありながら、サッパリとしたさわやかな味わい。
表面に油が浮いていたので、やや油感があるものの、そんなにしつこくない。

肉をサッパリと楽しめる味わいだ。
添えられたおろしワサビとの相性も抜群。

黒べえさん:ステーキ定食

ごはんはプラス税込165円で大盛りにした(特盛りは税込330円)。

大盛りは思った以上に山盛りで、なかなか量がある。

黒べえさん:ステーキ定食

そのごはんの上にステーキを載せて、いっしょに食べるとおいしい。

黒べえさん:ステーキ定食

この日の小鉢は、筑前煮。

黒べえさん:ステーキ定食

小ぶりだが、豆腐もつく。

黒べえさん:ステーキ定食

この日の味噌汁は、ワカメ、巻き麩、豆腐にナメコと具だくさん。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

ミニうどんまでつくのは、うれしい。

黒べぇさん:カリカリステーキ丼定食

麺は太めで、意外とコシがある。

黒べえさん:ステーキ定食

ミニデザートは、ホイップクリーム載せのプリン。

黒べえさん:ステーキ定食

口直しにちょうどよく、うれしいサービスだ。

「コンビステーキ定食」

黒べぇさん:コンビステーキ定食

コンビステーキ定食」は、通常のステーキとカリカリステーキの両方が盛りつけられたお得なメニューだ。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

単に二種類盛り付けられているだけでなく、それぞれが単品と同じ量なので、倍の量となり、ボリュームがある。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

肉の上にはレモンとカイワレダイコンが載っている。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

肉の下には、大量の千切りキャベツ。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

普通のステーキは中が赤みがかっていて、プニプニとした食感。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

通常のステーキは、むたびに肉のうまみがしみ出る。
そこへコショウの風味。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

やはり、通常のステーキの中はキレイな紅色だ。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

カリカリステーキのほうが表面がよくあぶられていて香ばしい。ただしカリカリッとした食感ではない。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

カリカリステーキのほうが赤みが少なめで脂身が多め。
脂身多めな分、脂身の甘みも感じられる。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

ステーキ丼とは違う甘辛系のタレがつく。

やや醤油の風味が強めで少ししょっぱめの味わい。
そしてやや油感があるが、しつこくはない。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

小鉢は、マカロニサラダとモヤシやニンジン・キノコの和え物。

黒べぇさん:コンビステーキ定食

ミニ冷奴もついていた。

ほかは、別の定食と同じくミニうどん、味噌汁、ミニデザート(プリン)がついている。

おすすめのステーキ以外の料理

「カレーパン」はステーキ肉がごろっと入っていて豪華

黒べぇさん:カレーパン

黒べぇさんでは「カレーパン」もある。
通常のとチーズ入りの2種類。

黒べぇさん:カレーパン

黒べぇさんのカレーパンは、正方形の形をしていてめずらしい。

黒べぇさん:カレーパン

表面にはクルトン状のものが引っ付いていて、コンガリと上がっている。

黒べぇさん:カレーパン

生地はかなり薄めで、パンといった感じではなく、上下の2枚の生地にカレーがサンドイッチにされているような感じ。

黒べぇさん:カレーパン

カレーよりも、肉のほうが多いくらい肉がタップリ入る。
肉はステーキ肉のようだ。

黒べぇさん:カレーパン

カレーは、スパイシーでやや塩味が強め。
ちょっとピリ辛感もあり、とろみの強めだ。

カレーのスパイシーさ・ピリ辛感と塩味とともに肉のうま味と食感、生地のサクサク感と香ばしさのハーモニーが楽しめる。

なお写真はないが、チーズ入りのほうは、スパイシーさやピリ辛感がマイルドで、まろやかな味わい。
見た目ではハッキリとチーズが入っているとはわからなかったので、カレーに混じっているのだろうか。

店内のようす・席

黒べぇさん:店内

黒べぇさんの店内は、入口をくぐってすぐカウンターがあり、全7脚。

改装されてカウンター席のうしろが開き戸になったので、店内は以前より開放感があり明るくなった。

黒べぇさん:店内

奥側のスペースには、4人がけ座敷が3卓ある。

黒べぇさん:店内

カウンター席から見たようす。

外観・所在地・駐車場

黒べぇさん:外観

さきほどのとおり、黒べぇさんはリニューアルして道沿いに開き戸ができて、開放感があって明るい店内にとなった。

黒べぇさん:旧 外観

リニューアル前は、道路沿いは一面壁だった。

黒べぇさん:外観

入口は居酒屋や小料理屋のような雰囲気だ。

黒べぇさん:外観

ベージュの壁が目印だ。

黒べぇさん:外観

店頭のテントでは、持ち帰りメニューの販売がされていた。

黒べぇさん:外観

このひは、全部で4種類を販売。

黒べぇさん:行き方

黒べぇさんがあるのは、エブリイ本庄店・ひまわり本庄店・しーじゃっく・大阪王将などがあるオープン型ショッピングモールのすぐ北側だ。

黒べぇさん:行き方

国道2号線「本庄町西」交差点を北上し、モールの前を過ぎよう。

黒べぇさん:行き方

モールを過ぎたところにある交差点を東(進行方向右)へ曲がる。

黒べぇさん:駐車場

曲がったらすぐ左手(道路の北側)に黒べぇさんがある。
建物の向かって左(西側)の空き地が駐車場だ。

黒べぇさんのイチオシポイント

黒べぇさん:看板
ポイント
  • 肉のうま味と弾力、香ばしさが楽しめるステーキ丼ステーキ定食
  • ステーキ丼のごはんはフライドオニオン入りで食感と香ばしさがいい
  • カリカリとした食感と脂身の甘味も楽しめるカリカリステーキ丼カリカリステーキ定食
  • 通常のステーキとカリカリステーキが同時に楽しめるコンビステーキ丼コンビステーキ定食
  • 牛スジがゴロッと入ったカレーパン
  • 持ち帰りメニューも充実
  • 座敷もあるので、子連れでもOK

肉のうまみが楽しめる黒べぇさんのステーキ丼。

カリカリステーキ丼も、また別の味わいが楽しめていい。

丼が苦手なら定食もおすすめ。

持ち帰りもできるので、ぜひ黒べぇさんのステーキを一度味わってみて欲しい。

店舗情報

店名 黒べぇさん 本庄店
所在地 福山市南本庄町一丁目9-21
営業時間 平日 11:00~14:00、17:00~22:00
土日祝日 11:00~14:00、17:30~22:00
定休日 月曜
電話番号 084-925-5517
カウンター×7脚
4人がけテーブル席×3卓
禁煙状況 禁煙
駐車場 有り
HP ステーキ丼専門店 黒べぇさん
SNS
備考

注意
2021年(令和3年)1月時点での情報です

近くのオススメ店

かまやつ@福山市北本庄【かまやつ 】売りは「醤油ラーメン」。カツ丼にも要注目(福山市北本庄)パスタいーくら 鶏ささみとキノコのパスタ【パスタ・いーくら】モチモチ食感の生パスタが秀逸!通販店が飲食店に鞍替え(福山市北本庄)オムラッテ:三種のソーセージのトマトソース のオムライス【オムラッテ】テイクアウトに特化したオムライス専門店。提供時間の早さも魅力(福山市南本庄)時代屋:いか天そば【時代屋】ボリュームある広島お好み焼!住宅街にある穴場的な店(福山市南本庄)きさく福山店:汁なし担々麺【きさく】広島市名物・汁なし担々麺の専門店!本家の二号店が福山に(福山市西町)