【一本松展望園】岡山ブルーラインにある「ミニ鉄道公園」併設の道の駅。眺めも抜群!(瀬戸内市邑久町)

一本松展望園:展望台からの眺め

一本松展望園 (いっぽんまつ てんぼうえん)』は、岡山県瀬戸内市邑久町(おくちょう)にある道の駅だ。

自動車専用道路「岡山ブルーライン」沿いにある。

名前のとおり眺めのよい展望台があるが、ほかの魅力として、子供たちが喜ぶ遊具のある公園が併設されていることも人気の秘密だ。

一本松展望園の魅力をまとめると、以下のとおり。

  • 瀬戸内海(錦海湾)を一望できる展望台
  • 本物の石炭で走る「ミニSL」や「ミニ新幹線」
  • 高いところを人力で漕ぐ「サイクルカー」
  • 恐竜型の巨大遊具「遊多君」
  • 牛窓地区の人気ソフトクリーム店の「塩ソフト」「醤油ソフト」
  • 毎月第2日曜に開かれる朝市

さっそく、一本松展望園について紹介していこう。

注意
2019年9月時点での情報です。

一本松展望園の概要

一本松展望園:看板

一本松展望園の施設情報

名称 一本松展望園 (いっぽんまつ てんぼうえん)
所在地 岡山県瀬戸内市邑久町尻海3539
営業時間 ミニ鉄道公園 10:00〜16:00
JA直売所 9:00〜17:30
レストラン 9:30〜17:00
営業日 下記の別表を参照
電話番号 0869-25-0891
料金 入場無料(ただし、ミニSL・新幹線など 一部遊具は有料チケットの購入が必要)
駐車場 有り
HP 道の駅 一本松展望園【公式】 | 岡山ブルーラインの道の駅
SNS
備考

各営業日

ミニ鉄道公園 ミニSL 日曜・祝日
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 ミニ新幹線 土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休みは毎日)
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 サイクルカー 土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休みは毎日)
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 おもしろ自転車 土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休みは毎日)
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 電動カー 毎日
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 無料遊具 毎日
10:00〜16:00
JA直売所 毎日
9:00〜17:30
レストラン 毎日
9:30〜17:00
コピオ 毎日
9:30〜17:00

一本松展望園とは?岡山ブルーライン沿いにある公園併設の道の駅

一本松展望園:全景

一本松展望園は、岡山市西大寺地区と備前市を結ぶ無料の自動車専用道路「岡山ブルーライン」沿いにある道の駅だ。
場所は、瀬戸内市の旧 邑久町エリアになる。

駐車場はかなりの台数が設けられていて、約260台分ある。

一本松展望園は、海に近い丘陵上にあるので、展望がよく、瀬戸内海が見渡せるのが最大の特徴。

もう一つの特徴が、無料の遊具。
中でも「ミニ鉄道」と「サイクルカー」は子供たちに大人気だ。

なお、入場は無料だが、一部遊具は有料のチケットの購入が必要

一本松展望園の見どころ

一本松展望園:ミニ鉄道公園看板

一本松展望園には、いろいろな見どころがある。

おもな見どころを挙げると、以下のようなものがある。

  • 瀬戸内海が一望できる「展望台
  • ミニSLやミニ新幹線に乗れる「ミニ鉄道
  • 高所を走る「サイクルカー
  • カートや大型遊具などの遊び場
  • JAの直売所や売店・レストランを併設

順にみていこう。

瀬戸内海の眺めが楽しめる展望台

一本松展望園:展望台からの眺め

「展望園」とう名前のとおり、一番の見どころは、展望台だ。

一本松展望園は海に近い丘陵上に立地。
そのため、眺望の良いて場所が園内に数ヶ所ある。

一本松展望園:展望台

展望台は整備されていてきれいだ。

見晴らしの良い場所は、駐車場横にある「観光展望台」、後述する「ミニ鉄道公園内展望台」、「レストラン前」の3ヶ所。
うち、観光展望台とミニ鉄道公園内展望台は、南東方向を見ることができる。

一本松展望園:展望台からの眺め

南東方向に見えるのは「錦海湾(きんかいわん)」だ。

一本松展望園:展望台からの眺め

錦海湾に浮かぶ「鼠島(ねずみしま)」も見える。

一本松展望園:展望台からの眺め

レストラン前からは、南方面が見える。
こちらは海ではなく、干拓地・塩田跡が眺められる。

一本松展望園:展望台の展望図

展望台には案内図も設定されている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一本松展望園「ミニ鉄道公園」は子供に大人気!

一本松展望園:ミニ鉄道公園看板

つづいて、人気なのが併設されている「ミニ鉄道公園」。

ミニ鉄道公園は、ミニ鉄道公園をはじめ、いろいろな遊具があって、子供たちに人気だ。

絶景を見ながら楽しめる「ミニSL」「ミニ新幹線」

一本松展望園:ミニ新幹線

ミニ鉄道公園の目玉が、名前にもなっている「ミニ鉄道」。

上記画像は「ミニ新幹線」。

一本松展望園:ミニSL

そして「ミニSL」もある。

ミニSLは、実は本当の石炭で走る本格的なミニ蒸気機関車だ。
モクモクと立ち上がる煙、そしてその臭いを感じると、本格的だとわかる。

一本松展望園:ミニSL運行風景

園内を一周するようにレールが敷かれており、SLや新幹線の後ろに小さな「客車」が付いていて、それにまたがって運行される。

一本松展望園:ミニSL運行風景

途中には鉄橋もあったり、見晴らしのいい場所もあったりして、景色も楽しめる。

一本松展望園:ミニSL運行風景

めずらしさもあるからなのか、新幹線よりSLのほうが子供たちに人気があるようだ。

一本松展望園:ミニ鉄道乗り場

ミニ鉄道は「駅」を模した乗り場から乗降する。

一本松展望園:ミニ鉄道 切符売場

ミニ鉄道、そして後述する「サイクルカー」は、双方の乗り場の入口付近にある「切符売場」でチケットを買う必要がある

一本松展望園:ミニ鉄道 切符売場 説明

ミニ鉄道・サイクルカーは、3歳以上で1人1回300円(2019年9月現在)。

なお、バラ売りは券売機もある。

一本松展望園:ミニ鉄道 切符売場 説明

JAF会員の場合は、割引もあるようだ。

一本松展望園:ミニ鉄道公園のレール展示

鉄道公園ということで、使用済みのレール・マクラギの展示も。

一本松展望園:ミニ鉄道公園のレール展示

ちゃんと説明書きもある。
鉄道好き以外は、興味がないかもしれないが…

子供はちょっと怖い?「サイクルカー」

一本松展望園:サイクルカーの運行風景

ミニ鉄道とならぶ人気遊具が「サイクルカー」。

空中に敷かれたレールを、自転車のように漕ぎながら進んでいく。

倉敷市児島にある「鷲羽山ハイランド」の「スカイサイクル」に似た遊具だ。
基本的に子供向けなので、規模は小さめ。

一本松展望園:サイクルカーの運行風景

高いところ走り爽快なうえ、海なども眺められる。

一本松展望園:サイクルカーの運行風景

サイクルカーは、2人まで乗ることができる。

大人では物足りない距離かもしれないが、子供にはちょうどよい距離だろう。

一本松展望園:サイクルカーの説明

サイクルカーは、事前にチケットが必要。
上記看板は入口に掲示してあるが、ここから後ろを振り向くと切符売場がある。

3歳以上で1人1回300円(2019年9月現在)。
身長120cm以下の場合は、大人が同乗しなければならない。

カートや大型遊具もある

一本松展望園:ミニ鉄道公園の風景

ミニ鉄道・サイクルカー以外にも、公園には沢山の遊具がある。

上記画像は、入口からすぐのところ。
おもしろ自転車(画像右手)や電動カー(画像左手)などがある。
いずれもチケットが必要。

一本松展望園:恐竜型の巨大遊具「遊多君」

そして、巨大遊具もある。
こちらはチケットは不要。

一本松展望園:恐竜型の巨大遊具「遊多君」

恐竜を模した巨大遊具で、首の中がトンネルのようになっていて、口から入ることができる。

一本松展望園:恐竜型の巨大遊具「遊多君」

恐竜型の巨大遊具は「遊多君(ゆうたくん)」というそうだ。

ミニ鉄道公園のミニ鉄道・サイクルカーなど有料遊具の大部分は平日に遊べないので注意!

一本松展望園:ミニ鉄道公園の案内板

ミニ鉄道公園内にある有料遊具(チケット購入が必要な遊具)のうち、バッテリーカーを除く遊具は、土曜・日曜・祝日しか運営されていない

平日は、バッテリーカーと、大型遊具などの無料遊具でしか遊べないので注意だ。

人気のミニ鉄道・サイクルカーを目的で行く場合、平日は避けよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

JAの直売所や売店・レストランも

一本松展望園:JA直売所

一本松展望園は道の駅。

もちろん道の駅の定番である、地元食材の直売所・土産物売場・売店・レストランもちゃんとそろっている。

牛窓の人気ジェラート店「コピオ」の支店もある

一本松展望園:山本牧場のソフトクリーム店牛窓ジェラート工房コピオ

気になったのが「山本牧場のソフトクリーム店 牛窓ジェラート工房コピオ」。
牛窓にある人気ソフトクリーム店の支店だ。

一本松展望園:山本牧場のソフトクリーム店牛窓ジェラート工房コピオの醤油ソフトクリーム

醤油ソフトクリームサンデー」が気になる。

備前市の鷹取醤油が醤油ソフトクリームを出しているが、それとは違うようだ。

一本松展望園:山本牧場のソフトクリーム店牛窓ジェラート工房コピオの醤油ソフトクリーム

これが、醤油ソフトクリームサンデー。
ソフトクリームの上に、醤油味のゼリーのようなものがかかっている。
味は、みたらし団子のタレのような感じ。

そのため、思ったよりおいしい。

一本松展望園:山本牧場のソフトクリーム店牛窓ジェラート工房コピオの塩ソフトクリーム

そのほか「塩ソフトクリーム」も人気のようだ。

一本松展望園:山本牧場のソフトクリーム店牛窓ジェラート工房コピオの塩ソフトクリーム

次回は、ぜひ塩ソフトクリームも食べてみたい。

また、取材時にはレストランも利用していないので、そちらも利用してみたいと思う。

なお、毎月第2日曜日には朝市も開かれているそうだ。

まとめ

一本松展望園:看板

一本松展望園は子供が喜ぶ遊具がある、手軽に遊べるスポットだ。

展望もよく、ドライブに立ち寄るのには最適の場所。

子供連れでお出かけするときに、寄ってみてはいかがだろうか。

一本松展望園のイチオシポイント

  • 瀬戸内海(錦海湾)を一望できる展望台
  • 本物の石炭で走る「ミニSL」や「ミニ新幹線」
  • 高いところを人力で漕ぐ「サイクルカー」
  • 恐竜型の巨大遊具「遊多君」
  • 牛窓地区の人気ソフトクリーム店の「塩ソフト」「醤油ソフト」
  • 毎月第2日曜に開かれる朝市

車でドライブがてら寄ってみてはいかがだろう。

以下のおすすめスポットとあわせて訪れるのもおすすめだ。

あわせて訪れたいおすすめのスポット

日本一のだがし売場:外観【日本一のだがし売場】広大な店内に大量の菓子!子供は大興奮間違いなし!駄菓子のテーマパーク(瀬戸内市長船)

施設情報

名称 一本松展望園 (いっぽんまつ てんぼうえん)
所在地 岡山県瀬戸内市邑久町尻海3539
営業時間 ミニ鉄道公園 10:00〜16:00
JA直売所 9:00〜17:30
レストラン 9:30〜17:00
営業日 下記の別表を参照
電話番号 0869-25-0891
料金 入場無料(ただし、ミニSL・新幹線など 一部遊具は有料チケットの購入が必要)
駐車場 有り
HP 道の駅 一本松展望園【公式】 | 岡山ブルーラインの道の駅
SNS
備考

各営業日

ミニ鉄道公園 ミニSL 日曜・祝日
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 ミニ新幹線 土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休みは毎日)
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 サイクルカー 土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休みは毎日)
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 おもしろ自転車 土曜・日曜・祝日(春・夏・冬休みは毎日)
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 電動カー 毎日
10:00〜16:00
ミニ鉄道公園 無料遊具 毎日
10:00〜16:00
JA直売所 毎日
9:00〜17:30
レストラン 毎日
9:30〜17:00
コピオ 毎日
9:30〜17:00

注意
2019年9月時点での情報です。