【高田屋】倉敷市本町〜美観地区にある人気老舗焼鳥店

高田屋@倉敷市

高田屋 (たかだや)』は、岡山県南西部に位置する倉敷市にある焼鳥店だ。

同市中心部、歴史的景観が残る観光地として知られる倉敷美観地区にある。

店舗も歴史を感じさせる古い建物。

いかにも老舗の風情だ。

このたび『第10回 岡山ブログカレッジ』の打ち上げで利用した。

とても良いと思ったのでご紹介したい。

第10回岡ブロ@倉敷カモ井【第10回岡山ブログカレッジ】最多集客の講師・生川敏弘の魅力とは!?
注意
2018年3月時点での情報です。

場所は本通の阿智神社参道口

高田屋@倉敷市

高田屋があるのは、倉敷川畔の北側の道、かつて倉敷と早島を結ぶ街道だった本通沿い。

鶴形山の南麓だ。

阿智神社の参道口東に立地している。

写っていないが上記画像の左手が参道口となる。

高田屋@倉敷市

少人数の場合は1階となるだろうが、今回は「岡ブロ」の打ち上げで利用したので、大人数。

2階の座敷に通された。

※ メニュー画像クリックで拡大
高田屋@倉敷市

壁に主要メニューが掲げられていた。

高田屋@倉敷市 高田屋@倉敷市 高田屋@倉敷市 高田屋@倉敷市

スポンサーリンク


スポンサーリンク


高田屋@倉敷市

突き出しは、枝豆の塩ゆで。

高田屋@倉敷市

生ビール。

高田屋@倉敷市

冷や奴っぽく見えるが、これは湯豆腐。

高田屋@倉敷市

野菜サラダ(フレンチ)。

高田屋@倉敷市

とりなんこつ。

高田屋@倉敷市

とりかわ(塩)

高田屋@倉敷市

メニューでは「鳥タレ焼き」となっているが、いわゆるネギマのタレ味。

高田屋@倉敷市

日本酒「萬年雪」常温。

高田屋の真向かいにある老舗酒蔵「森田酒造」の酒。

倉敷を代表する銘柄のひとつだ。

高田屋@倉敷市

メニューでは「焼き鳥」となっている。塩味の焼鳥で、白ネギの代わりにタマネギが刺さっている。

このタマネギが適度な甘みとシャキシャキ感で良い。

高田屋@倉敷市 高田屋@倉敷市

アスパラ巻。

高田屋@倉敷市

日本酒「萬年雪」熱燗。

高田屋@倉敷市

とりだんご。

いわゆる「つくね」だ。

高田屋@倉敷市

牛バラ塩焼き。

高田屋@倉敷市

ちそ巻。「ちそ」とは、倉敷周辺の方言で「しそ」のこと。

高田屋@倉敷市

デザートにアイスクリーム。

あとがき

高田屋@倉敷市

高田屋は美観地区内で、趣ある建物なので、観光の方が晩に飲むのに最適。

もちろん焼き鳥もおいしい。

客層も地元民と観光客、両方の方がいるようだった。

人気店なので早めに予約をしておくのがおすすめだ。

私のイチオシ

高田屋@倉敷市

どれも美味しいので選択が難しいのだが、「とりだんご」(つくね)がおすすめ。

本町通のおすすめ店

KUKU@倉敷【KūKū】倉敷美観地区周辺のエスニック風カレーのランチならここ!(倉敷市東町) オーガニック・カフェ soil @ 倉敷美観地区【オーガニックカフェsoil】有機野菜を使ったおしゃれなカフェ!広くて子連れでも安心(倉敷市阿知) 三宅商店@倉敷・本町【三宅商店】美観地区の町家カフェ。カレーと地元果物のパフェ・ケーキが人気(倉敷市本町)

こちらの店もオススメ!

鳥好 @ 倉敷駅前【鳥好】倉敷市阿知〜リーズナブルで豊富なメニューで人気の居酒屋・焼鳥店!

こちらの記事もオススメ!

倉敷美観地区 すいんきょ倉敷 〜 海上交通の拠点から、内陸の物資集散地として繁栄。その地名由来は?

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


店舗情報

店名 高田屋
所在地 倉敷市本町11-36
営業時間 11:30〜14:00、18:00~翌2:30
定休日 月曜 (祝日の場合は翌日)
電話番号 086-425-9262
禁煙状況 × (全面喫煙可能)
駐車場 無し
ホームページ http://www3.kct.ne.jp/~takataya_ikunoya/


注意
2018年3月時点での情報です。