【大黒屋】福山駅前と三吉町にある出雲そばの名店!割子そばや玉子丼・親子丼がおすすめ(福山市)

大黒屋 本店:割子そば

大黒屋 (だいこくや)』は、福山市にある老舗のそば店だ。

昭和45年(1970年)創業で、福山駅前の旧「繊維ビル (現 アイネス)」で営業していたが、繊維ビル建て替えに伴い移転した。

大黒屋は、私もよく食べに行くそば店で、ほかにはない良さがある店だと思う。

大黒屋のおすすめポイントをまとめると、下記のような感じ。

  • 福山では貴重な出雲そばの店
  • コシが強く平たい麺がおいしい
  • 名物は、出雲で定番の「割子そば」や「釜揚げそば
  • 見た目が美しい「おろしそば」「月見そば
  • ダシの風味がたまらない「玉子丼」「親子丼
  • おつまみメニューもあってチョイ呑みにも最適

そんな大黒屋の本店と駅前店をそれぞれ紹介したい。

注意
2019年1月時点での情報です。

大黒屋の概要

大黒屋 本店の店舗情報

大黒屋 本店:外観

店名 大黒屋 (だいこくや) 本店
所在地 広島県福山市三吉町南一丁目13-20 鈴清ビル 1階
営業時間 11:30〜21:00
定休日 第1・3火曜 (祝日の場合は営業、翌平日に休業)
電話番号 084-924-8852
禁煙状況 ◎ (店内完全禁煙)
駐車場 無し
HP
SNS
備考

大黒屋 駅前店の店舗情報

大黒屋 駅前店:外観

店名 大黒屋 (だいこくや) 駅前店
所在地 広島県福山市三之丸町3-9
営業時間 平日 11:30~15:00、17:00~21:00
日・祝日 11:30~20:00
定休日 月曜 (祝日の場合は営業、翌平日に休業)
電話番号 084-924-5850
禁煙状況 ◎ (店内完全禁煙)
駐車場 無し
HP
SNS
備考

大黒屋とは?福山の老舗の出雲そば店

大黒屋(だいこくや)は、福山でも老舗になるそば店だ。
しかも、出雲そばを標榜している、福山界隈では貴重な店。

創業は昭和45年(1970年)。
もともとは、福山駅前にあった「繊維ビル (現 アイネス)」という建物の中にあった。

繊維ビルの建て替えにともない、約1.5km東の三吉町に移転。

しかし、駅前に大黒屋がなくなってさみしいという声にこたえ、駅前の三之丸町に支店ができた。

名物は「割子そば」。
個人的に、「玉子丼」「親子丼」もおすすめ。

夜には酒類やおつまみメニューもあって、チョイのみもOKだ。

大黒屋本店

大黒屋 本店のメニュー

大黒屋 本店:メニュー

大黒屋の名物は「割子そば」だ。

釜揚げそば」は、いわゆるかけそばに似たそば(麺を水でしめないなどの違いがある)。

3枚(小さな皿が3つ)が標準だが、1枚230円で追加できる。

山の端の月そば」など名前だけで惹かれるメニューも。

冷たい天ぷらそば(天ざるとは別もの)があるのもめずらしい。

大黒屋 本店:メニュー

サイドメニューもある。

おすすめは、「玉子丼」「親子丼」。

ダシがよくきいていておいしい。

大黒屋 本店:そばの説明

出雲地方では定番の割子そばだが、それ以外ではあまり見ない。

割子そばについて説明があるのは、親切だ。

大黒屋 本店:そばの説明

これで、割子そばの食べ方もバッチリ。

そば店にあまり来ない人は、そば湯もわからないかもしれない。
そば湯についても説明があるから安心だ。

大黒屋 本店:メニュー

豊富にそろう焼酎。

大黒屋 本店:メニュー

写真にはないが、焼酎のほかにも、日本酒も地酒「天宝一」など豊富だ。

大黒屋 本店:メニュー

おつまみメニューもたくさんある。

大黒屋 本店:メニュー

駅前店には玉子丼とそばのセットがあるが、本店にはセット類はない。

単品同士の組み合わせになる

大黒屋といえばやっぱり「割子そば」

大黒屋 本店:割子そば

大黒屋といえば、やはり名物の「割子そば」を食べて欲しい。

割子そばは、出雲地方の名物。
小さな浅い器に冷たいそばが盛られていて、それが数枚重なっている。

大黒屋 本店:割子そば

大黒屋では、通常3枚だが、1枚追加して4枚にしてみた。

上から付属のダシを適量かけて食べる。
1枚終わったら、残ったダシをしたの皿にかけ、さらに追加でダシをかけて食べていく。

大黒屋 本店:割子そば

具材は、ネギ・海苔とモミジおろし。
お子様が食べるときや、辛いのが苦手な場合は、モミジおろしをなしにしてもらおう。

ちなみにモミジおろしをそんなに辛くはない。

大黒屋 本店:割子そば

大黒屋のそばは、平べったいのが特徴。

また、麺の固さは固めだ。

麺を食べてみた。
すると、シコシコとした強めの歯ごたえを味わうと同時に、噛む度にそばの香りが口に広がっていく。

福山ではなかなか味わえない、食べ応えのあるそばの麺である。

大黒屋 本店:そば湯

そば湯も楽しむことができる。

私は割子そばの残ったダシをそば湯に入れて楽しむ。

「おろしそば」には玉子も載っている

大黒屋 本店:おろしざるそば

つづいて「おろしそば」。

ダイコンおろしの乗った冷たいそばなのだが、なんと名前にはついていない生玉子が乗っている!

大黒屋 本店:おろしざるそば

中央の玉子が美しく、食欲がそそられる。

大黒屋 本店:おろしざるそば

ダイコンおろしもたくさん入っている。
サッパリとした瑞々しいダイコンの風味が、冷たいそばの風味を際立たせる。

大黒屋 本店:おろしそばのだし

割子そばと同じく、付属のダシをかけて食べる。

大黒屋 本店:おろしざるそば

ダシの掛け方は自由。

少しずつ掛けながら食べてもいいし、一気にドバッと掛けてよく混ぜて食べてもいい。

大黒屋 本店:おろしざるそば

大黒屋の麺は、どれも共通。

平たくて、コシの強い麺だ。

かなりのボリュームの「ざるそば」

大黒屋 本店:ざるそば

こちらは、そばの定番の「ざるそば」。

大黒屋 本店:ざるそば

大黒屋本店のざるそばはかなりのボリュームだ。

並でありながら、割子そば4枚分の量。

割子そばは通常3枚だから、割子そばよりもボリュームがある。

小食の方や子供はちょっときついかも。

大黒屋 本店:ざるそば

麺はもちろん、平たいコシの強い麺だ。

大黒屋 本店:ざるそばのつゆ

ざるそばのつけ汁。

大きな揚げたてエビ天が乗る「天ざるそば」

大黒屋 本店:天ざるそば

「天ざるそば」は、ざるそばにエビ天がついたもの。

大黒屋 本店:天ざるそば

エビ天が巨大な衣をまとっていて、すごい迫力だ。

そば自体の量もあるので、ボリューム満点。

大黒屋 本店:天ざるそば

麺はほかのそばと同じ。

大黒屋 本店:天ざるそばのつゆ

つけ汁は、ざるそばと同じもの。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大黒屋 本店の場所と外観

大黒屋 本店:外観

大黒屋は、いろいろな店やオフィスが入るビルの1階にある。

場所は少しわかりずらい。

位置的には、JR福山駅の東およそ1.5kmの地点で、中心市街に近い郊外。
国道2号沿いにあるショッピングセンター「ポートプラザ」の北およそ400mのところ。

2号線のポートプラザ北東の「福山新橋西詰」交差点を北側に曲がり約400m直進。
福山市医師会検診センターや福山市保健センターなどの医療機関を過ぎ、JR高架の少し手前にある洋菓子店「サンクラフィーユ」のところを西に曲がるとすぐだ。
洋菓子店「サンクラフィーユ」は、橙色の建物なので目印になるだろう。

大黒屋 本店:駐車場の案内

駐車場は建物の前に数台。

「大黒屋」と表示されている場所に停めよう

大黒屋 本店:外観

ビルの中にあるが、入口部分は和風な感じでそば屋らしい雰囲気。

大黒屋 本店:外観

大黒屋 本店の店内のようす

大黒屋 本店:店内のようす 大黒屋 本店:店内のようす 大黒屋 本店:店内のようす 大黒屋 本店:店内のようす 大黒屋 本店:店内のようす

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大黒屋 駅前店

大黒屋 駅前店のメニュー

大黒屋 駅前店:メニュー

つづいて駅前店のメニューを見よう。
基本的にそばのメニューは、だいたい同じだ。

大きくちがう店は、玉子丼とのセットメニューがあること。
これはうれしい。

釜揚げそばとセットの「あったかいそばセット」と、割子そば(2枚)とのセット「つめたいそばセット」の2種類がある。

大黒屋 駅前店:メニュー

駅前店も丼物、酒類やおつまみ類もある。

場所的に駅前店のほうがチョイ吞みしやすい。

大黒屋 駅前店:メニュー大黒屋 駅前店:メニュー

玉子丼のセット2種類のほかにも、セットメニューが何種類かあった。

大黒屋 駅前店:メニュー

お昼限定の「ランチセット」も。

大黒屋 駅前店:メニュー

大黒屋 駅前店:メニュー

大黒屋 駅前店:メニュー

日替わりのおつまみメニューもあって、惹かれてしまう。

大黒屋 駅前店:メニュー

駅前店も、なかなかおもしろい焼酎があった。
種類自体は本店のほうが多いようだ。

駅前店限定の「冷たいそばセット」は割子+玉子丼

大黒屋 駅前店:冷たいそばセット

個人的に一番おすすめしたいのが、玉子丼と割子そばのセット「冷たいそばセット」。

本来、割子は2枚だが、1枚追加している。

割子そばについては本店の章を参照。
玉子丼はのちほど紹介する。

大黒屋 駅前店:そば湯

なお、駅前店でもそば湯が提供される。

駅前店限定の「温かいそばセット」は釜揚げ+玉子丼

大黒屋 駅前店:温かいそばセット

つづいて、釜揚げそばと玉子丼の「あったかいそばセット」。

シンプルな美味しさのかけそば「釜揚げそば」

大黒屋 駅前店:釜揚げそば

釜揚げそば」は、いわゆるかけそばに似ている。

厳密には、かけそばとは麺を水で締めないなどの違いがあるそうだ。

シンプルながらも、つゆの味が楽しめ、奥深さを感じる。

つゆを飲むと、ダシのやさしい風味が心地良い。

大黒屋 駅前店:釜揚げそば

麺は、冷たいそばと同じで、平たくて固めの麺だ。

あたたかいそばだと、なんとなく冷たいそばよりも麺の食感がやさしい感じがする。

まろやかな玉子が印象的な「月見そば」

大黒屋 駅前店:月見そば

こちらは、冷たいそばの「月見そば」。

おろしそばに似ているが、ダイコンおろしがない点が異なる。

中央においしそうな生玉子、そしてネギ・海苔・モミジおろしがバランス良く配置。
とても美しい盛り付けだ。

大黒屋 駅前店:月見そば

食べ方はおろしそばと同じで、付属のダシをかけ、混ぜながら食べていく。

ダシがよく利いた「玉子丼」「親子丼」はそば以外でのおすすめメニュー

大黒屋 駅前店:玉子丼

おすすめの「玉子丼」。

玉子の半熟具合が絶妙で、ところどころトロリとなっている感じがなんともいえないのだ。

ダシの風味も香り高く、絶品。

食べた者は箸が止まらなくなり、一心不乱にかき込むこととなる。

大黒屋 駅前店:親子丼

少しお金を出せる余裕があるなら、「親子丼」もぜひ食べてみて欲しい。

鶏肉が入ることで、よりおいしくなる。

夜はお酒やおつまみメニューも充実でチョイ吞みも可

大黒屋 駅前店:日本酒 奥の松

駅前店はチョイ吞みがしやすいのも魅力。

大黒屋 駅前店:日本酒 奥の松

福島県は二本松の酒「奥の松」。

大黒屋 駅前店:生サンマ

この日は、つまみに「生サンマ」を味わった。

大黒屋 駅前店:生サンマ

トロッとした食感の身がたまらない。
食べたのは秋。まさにサンマの旬の時分。

昔はサンマを食べるなら煮付けが好きだったが、今は刺身やにぎり寿司で味わうほうが好きである。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大黒屋 駅前店の外観

大黒屋 駅前店:外観

大黒屋 駅前店があるのは、JR福山駅のすぐ南西。
駅前のバスロータリーの西側だ。

旧キャスパビルを西に進んだところ。
セブンイレブンのすぐ東にあたる。

「キャッスルホテル」の南の方になる。

以前にauショップがあったところだ。

大黒屋 駅前店:店頭のようす

駅前店がある三之丸町近くには飲食店が多い。

大黒屋の隣には、豚骨ラーメンの「極とん」。

大黒屋 駅前店:店頭のようす

駅前店の東の方には、豚骨ラーメンなどが人気の「匠 駅前店」、喫茶店の「ICHI no KURA」。

大黒屋 駅前店:店頭のようす

駅前店の西向かいには、パン屋の「オーサム・ベーカリー」。

大黒屋 駅前店:店頭のようす

南向かいには、カフェの「フォーエバー」。

さらに駅前店の北側には、ナポリタンの店「ゴールデン・ケチャップ」や人気の尾道ラーメン店「一丁」などがある。

大黒屋 駅前店:店頭のメニュー大黒屋 駅前店:店頭のメニュー

お店のまえには、おすすめメニューが書かれた立て看板があるので、目印にして欲しい。

大黒屋 駅前店:店頭のメニュー

当日の一品メニューも書かれている看板もある。

大黒屋 駅前店:店頭のメニュー

窓ガラスにもメニューが掲げてあった。

大黒屋 駅前店の店内

大黒屋 駅前店:店内のようす

駅前店の店内は、そんなに広くない。

厨房を囲むようコの字カウンター席があるのみ。

テーブル席等はないので、グループや家族連れには向かないだろう。

大黒屋 駅前店:店内のようす

ピーク時には、満席になることも多いので、時間をずらして訪問するのがおすすめだ。

さいごに:コシの強い平たい麺が福山では貴重

大黒屋 本店:割り箸

大黒屋の魅力は、やはり福山界隈では貴重な出雲そばが楽しめる点だろう。

平べったくて、シコシコとした固さのそばの麺は、福山ではここでしか楽しめないのではなかろうか。

おすすめは、出雲で定番の「割子そば」と、見た目が美しい「おろしそば」「月見そば」など。
サイドメニューの「玉子丼」「親子丼」もダシがきいておいしい。

ぜひ、一度訪れてみて欲しい。

大黒屋のイチオシポイント

  • 福山では貴重な出雲そばの店
  • コシが強く平たい麺がおいしい
  • 名物は、出雲で定番の「割子そば」や「釜揚げそば
  • 見た目が美しい「おろしそば」「月見そば
  • ダシの風味がたまらない「玉子丼」「親子丼
  • おつまみメニューもあってチョイ呑みにも最適

近くのおすすめ店

ゴールデン・ケチャップ@福山市三之丸町【ゴールデン・ケチャップ】懐かしのナポリタン専門店!アツアツモチモチの麺が最高!ランチ・チョイ吞に最適(福山市三之丸町)ルオント【農家食堂 ルオント】地元の新鮮野菜が喰い放題!(福山市三之丸町)ラーメン匠 曙店 とんこつしぼり【ラーメン匠】カフェの様なお洒落な店で子連れのランチにおすすめ!福山豚骨の雄!

福山・備後エリアのほかのそば店

大隈 肉ごぼうそば【大隈】そばもうどんもゴボ天も美味しい!(福山市神辺町)草戸庵 ざるそば+炊き込みご飯【草戸庵】隠れたそばの人気店!郊外の住宅密集地にひっそりと佇む(福山市草戸町)【そば鴻】個性的なメニューが目を引くそば店。人気ラーメン店の向かい(尾道十四日元町)

こちらの記事もおすすめ

JR福山駅三之丸町(福山市) 〜 その名の通り福山城の三之丸が由来

大黒屋 本店の店舗情報

店名 大黒屋 (だいこくや) 本店
所在地 広島県福山市三吉町南一丁目13-20 鈴清ビル 1階
営業時間 11:30〜21:00
定休日 第1・3火曜 (祝日の場合は営業、翌平日に休業)
電話番号 084-924-8852
禁煙状況 ◎ (店内完全禁煙)
駐車場 無し
HP
SNS
備考

大黒屋 駅前店の店舗情報

店名 大黒屋 (だいこくや) 駅前店
所在地 広島県福山市三之丸町3-9
営業時間 平日 11:30~15:00、17:00~21:00
日・祝日 11:30~20:00
定休日 月曜 (祝日の場合は営業、翌平日に休業)
電話番号 084-924-5850
禁煙状況 ◎ (店内完全禁煙)
駐車場 無し
HP
SNS
備考

注意
2019年1月時点での情報です。