【三村珈琲店】古い郵便局を改装したノスタルジックな喫茶店。山間の集落の県道沿いにある(井原市芳井)

三村珈琲店:外観

三村珈琲店 (みむら コーヒーてん)』は、岡山県南西端にある井原市にある喫茶店だ。

井原市の北部にあたる旧 芳井町(よしいちょう)。
芳井町の中心部から、さらに県道9号線を北上した山中にある共和(きょうわ)地区に三村珈琲店はある。

三村珈琲店は、県道沿いにありながら、一見喫茶店とはわかりにくい外観の喫茶店だ。

それは、外観が喫茶店らしくないから。
とても年季がはいった、明治や大正時代の庁舎のような造り。

ノスタルジーを感じさせる三村珈琲店だが、以下のようなポイントがある。

  • ノスタルジックな外観
  • ノスタルジックな店内と置物(店内は撮影禁止)
  • 香りのよいコーヒーと手づくりのお菓子
  • 人里離れた場所にあるという特別感

そんな三村珈琲店を紹介しよう。

注意
2019年7月時点での情報です。

三村珈琲店の概要

三村珈琲店:看板

店名 三村珈琲店 (みむら コーヒーてん)
所在地 岡山県井原市芳井町下鴫2538-2
営業時間 月〜木曜 10:00〜18:00
金曜 10:00〜22:00
定休日 土・日曜
2月・8月後半
電話番号 0866-74-0012
禁煙状況 分煙(カウンターのみ 喫煙可)
駐車場 有り(5台)
HP 三村珈琲店
SNS
備考 店内は写真撮影禁止

三村珈琲店の外観

三村珈琲店:外観

上記画像のように、三村珈琲店は喫茶店らしくない外観だ。

明治時代や大正時代の役所のような雰囲気。

それもそのはず、この建物は、旧 郵便局だそう。
とてもノスタルジックな雰囲気の建物だ。

現代までこの建物が残っていたのも奇跡だ。

三村珈琲店:外観

よく見ると、看板も出ていた。

三村珈琲店:外観

入口は建物の向かって左側に回ったところ。

入口の奥にはたくさんの薪。

三村珈琲店:入口

さらに、『探偵物語』の工藤 俊作(松田 優作)でおなじみの原付バイク「ベスパ」。

なお、店内はいっさい写真撮影が禁止されていた。

 

中は広く、外雰囲気そのままのノスタルジックな店内だ。
天井や壁・柱などもそのまま生かされている。

机やイス・ソファーなども古い雰囲気のものが置かれてあった。
また、古いストーブやピアノも置いてあるなど、タイムスリップしたかのような印象だ。

 

店内の席は以下のとおり。

  • 4人がけソファテーブル席×1
  • 4人がけテーブル席×1
  • 6人がけベンチテーブル席×1
  • 2人がけソファテーブル席×1
  • 壁側カウンター席×4
  • 厨房前カウンター席×6

テーブルとテーブルのあいだは、じゅうぶんに広いスペースがある。

なお、カウンター席は非禁煙となっている。

三村珈琲店のメニュー

三村珈琲店:入口の案内

メニューは、ドリンク類とケーキ類。
おそらくケーキ類は日替わりなのではなかろうか。

食事はない、純粋な喫茶店だ。

おもなは、以下のとおり。

メニュー 価格(税込)
コーヒー
・東ティモール
・エチオピア モカ
・グァテマラ
600
炭コーヒー
・グァテマラ
・イエメン モカ
750
950
カフェオレ 650
アイスコーヒー 700
アイスカフェオレ 650
紅茶
・ニルギリ
・アールグレイ
・シーズンティー
500
500
600
アイスティー 550
チャイ 700
ココア 600
ミルク 500
ジュース
・リンゴ
・バナナ
・グレープフルーツ
600
ケーキ 550

メニューと価格は、2019年7月現在のもの。

 

訪れたある日は、炭コーヒーの「グァテマラ」と「バナナケーキ」を注文した。

グァテマラを飲むと、コーヒーの濃い風味とほろ苦さが鼻から抜けていった。

バナナケーキはしっとりとした食感。
やらわかくフワッとした食感と同時に、バナナの甘すぎずほんのりとしたフルーティな甘みと風味が広がる。

食べ進めると、時折クルミのコリコリとした食感がアクセントに。

三村珈琲店の所在地

県道9号線の北側から三村珈琲店を見たところ

県道9号線の北側から三村珈琲店を見たところ

三村珈琲店は、田舎にあるが、主要幹線道路の県道9号線沿いにあるので、行くのにはわかりやすいだろう。

しかし、この県道9号線は大部分が片側1車線の道路だが、一部は車線に分かれてない区間があるので注意だ。

県道9号線の南側から三村珈琲店を見たところ

県道9号線の南側から三村珈琲店を見たところ

しかも、三村珈琲店があるところから数km奥に行ったところに、大規模な採石場がある。

この採石場は福山市にあるJFEの関係の採石場だ。
県道9号線は、芳井町北部と福山のあいだを大型トラックが何台も往復している。

そのため、県道9号線を通行する際は注意して欲しい。

三村珈琲店のすぐ北は見通しが悪く、いきなりトラックが出現することもある。

三村珈琲店:外観

なお、駐車場は店の前に4台ほどある。

さいごに

三村珈琲店は店内・外観もあわせて全体がアンティークのような店

三村珈琲店:入口の案内

なんといっても、三村珈琲店は店内・外観ともノスタルジックな雰囲気なのが特徴だ。

まさにお店全体がアンティークといっていいかもしれない。

人里離れた場所にあるノスタルジックな店内で香りのよいコーヒーを楽しみながら、ゆっくりと過ごしてみてはいかがだろう。

店内は写真撮影禁止なので、ぜひ三村珈琲店に訪問してみて、現地でその雰囲気を味わって欲しい。

三村珈琲店のイチオシポイント

  • ノスタルジックな外観
  • ノスタルジックな店内と置物(店内は撮影禁止)
  • 香りのよいコーヒーと手づくりのお菓子
  • 人里離れた場所にあるという特別感

店舗情報

店名 三村珈琲店 (みむら コーヒーてん)
所在地 岡山県井原市芳井町下鴫2538-2
営業時間 月〜木曜 10:00〜18:00
金曜 10:00〜22:00
定休日 土・日曜
2月・8月後半
電話番号 0866-74-0012
禁煙状況 分煙(カウンターのみ 喫煙可)
駐車場 有り(5台)
HP 三村珈琲店
SNS
備考 店内は写真撮影禁止

注意
2019年7月時点での情報です。