奉還町(岡山市北区) 〜 大政奉還後に武士が集団起業

奉還町商店街

奉還町(ほうかんちょう)は、岡山県岡山市北区にある町丁です。一〜四丁目までに区分されています。

岡山駅の西口を出てすぐ北側に広がる地域として知られます。奉還町商店街を中心とした地区で、同商店街通りは近世山陽道西国街道)でした。

奉還町商店街は、表町商店街・岡山駅前商店街と並ぶ岡山市を代表する商店街として有名です。

概要

奉還町は、岡山市中心市街の西部に位置し、岡山駅西口北方にある奉還町商店街を中心にその南北の地域を含み、東西に長い区域となります。 岡山駅西口一帯に広がる商業地区の中枢を担うエリアです。

奉還町の一丁目は、大部分はかつて岡山城下の一部で、城下を縦貫する山陽道の西出入口にあたる万町(よろずちょう)呼ばれる町でした。

それ以外の区域のうち、旧山陽道以南は御津郡(もと御野郡)石井村の一部で、それ以前は御野郡下伊福村(のち巌井村)の一部でした。

一方、山陽道以北は、御津郡(御野郡)伊島村の一部で、それ以前は御野郡上伊福村の一部をなしていました。

地名の由来

地域の中心が奉還町商店街であるため、町丁設定時にそれを町名としました。

奉還町商店街は、大政奉還により失業した岡山藩士などの武士たちが、今でいう退職金のような形で支給された奉還金を元手に、西国街道沿いに集まって小売店を開業したのが起源です。商店街の名称もこれに由来します。

結構有名なので、岡山市民の方はご存知かもしれませんね。

参考資料

  • 『県別マップル岡山県道路地図』昭文社(2013年)
  • 巌津政右衛門 『岡山地名事典』日本文教出版社(1974年)
  • 岡山県大百科事典編集委員会編集『岡山県大百科事典』山陽新聞社(1979年)
  • 下中直也 『日本歴史地名体系三四巻 岡山県の地名』平凡社(1981年)