【つるはし食堂】ノスタルジックな大衆食堂。名物は夏季限定の冷やしつけめん(矢掛町矢掛)

『つるはし食堂』は、岡山県の南西部・小田郡 矢掛町(やかげ ちょう)にある大衆食堂だ。

見た目も年季が入り、見るからにノスタルジックな雰囲気のお店。

店内も昭和感満載。

そんなつるはし食堂には、夏季限定の名物「冷やしつけめん」がある。

また、醤油ラーメン(中華そば)も人気だ。

そこで、つるはし食堂について、概要や特徴などをまとめてみよう。

注意
2018年7月時点での情報です。

つるはし食堂の概要

つるはし食堂:外観

店名 つるはし食堂
所在地 岡山県小田郡矢掛町矢掛1988
営業時間 7:00~19:00
定休日 日曜
電話番号 0866-82-0268
禁煙状況
駐車場 有り
HP
SNS
備考

つるはし食堂のメニュー

つるはし食堂:メニュー

つるはし食堂のメニューは豊富だ。

ラーメン(中華そば)、うどんがそれぞれ数種あるほか、カレーやきつね寿司(稲荷寿司)がある。

つるはし食堂:店内のようす

さらに、棚に並べられた日替わりのいろんなおかずを自由に取って食べる。

まさに懐かしの大衆食堂といった雰囲気だ。

冷やしつけめん

つるはし食堂:ひやしつけめん

つるはし食堂のメニューの中でも特に人気があるのが、夏季限定の「冷やしつけめん」だ。

まるで、そうめんの麺を中華麺に変えたような一品。

つるはし食堂:ひやしつけめん

清涼感あるガラス製の器に、水がひたった中華麺が入っている。

その上にミカンやキュウリが浮かぶ。

つるはし食堂:ひやしつけめんの麺

麺はよく冷えていて、細めのストレート。

コシがあってシコシコとした食感。

つるはし食堂:ひやしつけめんのつゆ

つけ汁はそうめんなどと同じようなつけ汁だ。

別の器にはつけ汁と、ネギ・ゴマ・ショウガの薬味類。

食べると、ひじょうに喉越しがよく、よく冷えているので、暑い夏にピッタリ。

 

矢掛中心部には、矢掛特有の冷やしたラーメン系のメニューを出す店が数店舗あり、矢掛独特の文化となっているようだ。

つるはし食堂の外観・店頭のようす

つるはし食堂:外観

つるはし食堂の外観は、とても年季が入ったようすだ。

つるはし食堂:看板

まさに昭和のレトロな食堂のよう。

すこし入店を躊躇してしまいそうだ。

つるはし食堂:外観

場所は、矢掛の宿場町(矢掛商店街、旧山陽道)と、その南側を並行して走る国道486号線のあいだになる。

上記写真の奥に車が通っているのが見えるが、そこが国道486号線だ。

つるはし食堂:駐車場

店のすぐ北側の共同駐車場内に、無料の駐車場がある。

国道も近いので、アクセスはしやすい店だ。

店内のようす

つるはし食堂:店内のようす

店内も外観同様にひなびた大衆食堂の雰囲気。

入ると向かって右手に、4人がけテーブルが2つある。

つるはし食堂:店内のようす

さらに奥まったところに4人がけテーブルがいくつかった。

入って向かって右奥にある棚には、おかずが何種類か並んでいる。

そこからセルフサービスで好きなものを取るという、昔の大衆食堂によくあった方式だ。

さいごに

つるはし食堂は、ノスタルジックな大衆食堂だが、ラーメンや夏季限定の冷やしつけめんなど、安定感のあるおいしさ。

国道からも近く、駐車場もあるので、寄りやすいのも利点だ。

お昼時には、地元の常連から、営業マンなども訪れ、失礼ながら意外とはやっているようすだった。

つるはし食堂のイチオシポイント

  • 夏季限定の冷やしつけめん
  • 醤油ラーメン(中華そば)
  • きつね寿司(稲荷寿司)
  • ノスタルジックな雰囲気

店舗情報

店名 つるはし食堂
所在地 岡山県小田郡矢掛町矢掛1988
営業時間 7:00~19:00
定休日 日曜
電話番号 0866-82-0268
禁煙状況
駐車場 有り
HP
SNS
備考

注意
2018年7月時点での情報です。