ブログをはじめてアウトプットの重要性を痛感

ブログを初めて半年が経過しました。

とはいってもまだまだ記事数が少ないです。

ブログの勉強会にも参加して、少しずつ勉強していっています。

最近は意識的に投稿を増やしたり、既に投稿した記事のリライトを行ったりしています。

その過程で思ったのは、インプットしたことをアウトプットすることの重要性です。

インプットも大事だがアウトプットも大事

ブログを本格的に初めて痛感。

自分は今までインプットに偏っていたなと。

私は地名や神社などといった興味のある分野に関していろいろと調べたり、本を読んだりしていました。

しかし、それだけで終わっていました。

アウトプットがありませんでした

というよりアウトプットするという考え自体がなかったというか・・・

よくて自分用のメモとしてまとめてるくらいでした。

アウトプットにより初めて自分の知識として定着する

知識というのは、何かに利用しなければ意味がありません。

しかし、いざ人前で話そう、文章にしようと思ってもなかなかうまくいきません。

普段から意識的にアウトプットを実行することにより、その練習となり、いざ活用するときに最大限にその効果を発揮することができます。

この準備が出来てこそはじめて知識として定着したといえるでしょう。

アウトプットにブログを活用

ブログは、アウトプットするのに手軽に利用できるツールだと思います。

SNSも手軽に活用でき、反応も解りやすくアウトプットに活用しやすい。

状況に合わせて利用していきくのがいいのかなと。

 

ブログをやっていてなかなか思うように文章が書けない、自分の知識や考えを言葉にできない難しさを痛感しています。

しかしここを少しずつ乗り越えて自分の力をしていきたい。

そしてなにより、アウトプットするのは楽しい、アウトプットするためにいろいろ考えていくのも楽しい。

楽しみながら記事を更新して行ければと思います!